Momentary Reversal【モメンタリーリバーサル】の種明かし・解説

カードマジック種明かし

相手の選んだカードがあっという間に裏返ってしまうマジック「モメンタリーリバーサル」の解説をしていきます。

実演動画

 


Momentary Reversal【モメンタリーリバーサル】解説

このマジックで使うテクニック

 

マジックを始める前に事前にしておく準備があります。

予めボトムカード1枚だけ表向きにしておきます。

このカードがキーカードとなります。

準備ができない時や、先にカード自体に仕掛けがない事を見せたい場合はボトムリバースを使ってシャッフルしながらボトムカードを返してしまってください。

こちらの方が事前にデック全体を観客に見せる事ができるのでフェアに見えます。

テクニック

 

ともかく、ボトムカードを返した状態でマジックスタートです。

両手にデックをスプレッドしていき、観客に一枚のカードを選んでもらいます。

相手が選んだカードは裏向きのまま上方向に半分ほどアウトジョグして、突き出させておきます。

まだ表面は見せません。

観客のカードをアウトジョグしたままデックを閉じ、左手にディーリングポジションに持ちます。

「このカードを覚えてください」などと言って観客の注目を集めます。

アウトジョグした観客のカードを引き抜いて表に返しながらテーブルの右の方に置きます。

同時に左手を返して、左手のデック全体をひっくり返してしまいます。

相手は引き抜いたカードに注目しているので、デック全体がひっくり返されていることに気づきません。

この時、デックはトップカードだけが裏向きになっています。

デック全体をそのまま持ち、相手の選んだカードを裏向きにしてデックの真ん中付近へ差し込みます。

実際は1番上のカードを除いて表向きになっている為、カードがずれないように注意してください。

デック全体を左手にディーリングポジションに持ち直し、指を鳴らす等のおまじないをかけます。

このとき同時に、「デックリバース」を行います。

デックを持った左手を返し、一瞬左手でデック全体を隠して覆う形にします。

左手を返すことにより、左手の小指側から出てきたデックの端の部分を右手で取りに行きます。

デックを右手で持ち、左手の薬指を軸にして時計回りに半回転させながら右手に取ります。

この作業は滑らかにやる事で、観客からは単純に魔法の動作をしているだけに見えるため、デック全体を裏返したと悟られづらいです。

この動きは動画の方が伝わりやすいので、宜しければ実演動画を見ながら練習してみてください。

実演動画

 

あとは両手にトランプをスプレッドしていき、相手のカードだけが表向きになっていることを示します。

ボトムカードだけは向きが違うままなので、デックは広げすぎないようにしましょう。

 


モメンタリーリバーサルのポイント

ミスディレクションが全て!

このマジックの肝は「ミスディレクション」です。

ミスディレクションとは観客の視線を誘導することによって注意をそらすことです。

このマジックではデック全体をひっくり返す、という大胆な動作を観客の注意を巧みに操ることによって悟られないようにしています。

しっかり観客の注意を別の所へそらす事が最も重要です。

相手のカードを裏返す瞬間は観客はそこに目を向けざるを得ないので、その瞬間を見計らってさりげなくひっくり返すようにしましょう。

左手のデックからは離れた所に視線を誘導することがポイントです。

デックリバースは「魔法のおまじない」に見えるように

デックリバースは逆に観客の視線が注目している所で行うので、また違った工夫が必要です。

重要なのは観客から「魔法のおまじない」に見えるように多少仰々しくやる事です。

右手にデックを取る時にしっかり時計回りに回転させることによっておまじないに見せかける事が可能です。

観客の視線から一瞬デックを消す事

デックリバースの瞬間に、左手をしっかり返してデック全体を覆う事によって、観客の視界から一瞬デックを消すことも重要です。

じっと見られている環境である以上、デックが覆いきれずに見えてしまうと返している事がばれやすくなってしまいます。

人間は一瞬視界から外れるだけで変化に気づきづらくなります。

この特性を利用するためにも左手からデックがはみ出さないよう、一瞬でもいいのでしっかり覆いましょう。


まとめ

このマジックではテクニックよりむしろ観客の目線の誘導が大事です。

良いマジシャンほどミスディレクションがうまく、あの手この手で観客の目線をあちこちへ誘導します。

しかし「視線の誘導」は実際に観客を前にしてやらないとなかなか身につかないのも事実です。

ミスディレクションの良い練習になるマジックなので是非習得してみてください。

関連記事