【コインマジックテクニック解説】クリックパスのやり方・コツ

コインマジック

本記事では2枚のコインを手の中に握ったように見せて1枚しか握っていないテクニック、クリックパスのやり方について解説しています。

クリックパスは複数枚のコインを使うマジックで頻繁に使われるため、絶対に習得しておくべき必須テクニックです。

 

クリックパスを行うとコインを握った際に「チャリン」と音が鳴るため、コインがしっかり握られていると観客は強く錯覚します。

この錯覚こそがコインの消失、移動現象が起きたときの大きなインパクトを与えるためのポイントです。

 

本記事ではクリックパスのやり方、コツを画像つきで解説しています。

シャトルパス知らない方はもちろん、知っている方も本記事を利用して動きを再確認してみてください。

 


クリックパスとは

クリックパスとは、2枚のコインを片手に握り込んだように見せかけて1枚のコインをもう片方の手にパームしてしまうテクニックです。

手の中にコインを1枚ずつ入れていきますが、2枚目を入れた際に「チャリン」とコイン同士がぶつかり合う音が鳴ることがポイントで、コインが複数枚入っていることを強く印象づけます

実際の動きは以下の動画をご覧ください。(是非音ありでコイン同士の音が鳴ることを確認してください)

クリックパスは単体でも十分マジックとして演じることができるテクニックです。

コインマジックではよく使われるテクニックなのでしっかり習得しておきましょう。

 


クリックパスのやり方

2枚のコインをテーブルの上に置いて観客に示します。

1枚目のコインを右手に取り、トスバニッシュなどを行って左手に握り込んだように見せつつ右手にクラシックパームします。

テクニック

コインをパームしたまま2枚目のコインを右手に取り、相手に示します。

右手のコインを入れるべく左手の上に近づけ、同時に左手を少しだけ開きます。

左手を開きすぎると空であることが見えてしまうため、中が見えないよう半分だけ開いた状態にします。

すかさず右手の指先を伸ばし、指先のコインをフィンガーチップレストポジションに移します。

テクニック

 

右手の力を緩め、クラシックパームしたコインを落とします。

すると落ちてきたコインは指先のコインに当たって音を立て、そのまま左手の中に入ります。

左手を握って1枚のコインを握ります。

右手はコインをフィンガーチップレストパームした状態で力を抜いておきます。

 


クリックパスのコツ

動作は一瞬で終わるように

動作を一つ一つ区切って書くと長く見えますが、実際にクリックパスが行われる瞬間は一瞬で終わります。

観客から見ればただコインを手の中に入れるだけなので、決してもたついたりしてはいけません。

クリックパスの動きを一瞬でできるように練習してみてください。

フィンガーチップレストにあるコインを少し引くようにすると良い

クラシックパームしたコインを落とす瞬間、中指と薬指を手首側に引いてフィンガーチップレストパームされているコインを引きつけるようにします。

するとフィンガーチップレストされたコインは落ちる事ない上にコイン同士がぶつかりやすくなります。

上手くコイン同士がぶつかり合わない方は意識してみてください。

 

まとめ

本記事ではクリックパスのやり方について解説しました。

クリックパスは「音」が大きなポイントで、コインが手のひらに2枚入っていることを観客は強く信じ込みます。

そのまま右手を握り込んでコインの移動現象を示すだけでも十分マジックとして成立するので、是非演じてみてください。

関連記事