日用品マジック

輪ゴムを昇るリング|重力に逆らう物質!?輪ゴムと指輪or5円玉があればできる簡単マジック

概要

輪ゴムを昇るリング マジック概要

難易度 ★☆☆☆☆
汎用性 ★★★★★
インパクト ★★☆☆☆

現象
マジシャンは指輪(または5円玉)を取り出し、ゴムを中に通します。
ゴムをやや斜めにして持つと、指輪がひとりでにゴムを昇っていきます!
手は一切動いていないために、非常に不思議なマジックです。

 

実演

小さな子供でもほとんど練習なしで演じることができる、非常に簡単なマジックですが、大人が見ても簡単にはわからないマジックです。

タネを知ってしまえば拍子抜けしますが小ネタとして出すには十分なマジックです。

あえて「重力に逆らう物質」などと壮大なストーリーを話しながら演じると観客をより引き込むことができるでしょう。

 

「全く練習はしたくないけどどこでもできる手軽なマジックを知りたい」

そんな方におすすめのマジックです。

 

マジック解説

準備

切れた輪ゴムを1つと、指輪または穴の空いたコインを用意します。

演技

輪ゴムの真ん中付近を右手の親指と人差し指でつまみ上げます。

5円玉を左手に持ち、輪ゴムを穴に通しながら右手でつまんだ部分よりも右の輪ゴムは右手の中に隠し持っておきます。

5円玉が通ったら輪ゴムの逆端を左手で持ち、輪ゴムを伸ばして持ちます。

このとき左手を少し高くし、右手から左手にかけて緩やかな坂ができるようにします。

輪ゴムを伸ばして長さを合わせる事によって観客には輪ゴムの両端を手に持っているように見えますが、実際には大幅に余らせて右手の中に隠し持っています。

念を込めるような仕草をしながら右手のゴムを持つ力を少しずつ緩めていきます。

するとピンと張ったゴムの力に引っ張られて右手から余らせたゴムが少しずつ出ていきます。

実際には5円玉の位置は変わっていないのですが、右手からゴムが少しずつ出てくることによって5円玉がゴムを昇っているように見えます。

右手に余らせたゴムがなくなるまで昇らせたらマジックは終了です。

輪ゴムを昇るリングマジックのコツ

左右の手の位置は動かさない

このマジックでは「手は輪ゴムを持っているだけ」ということをしっかり見せることで、不思議な念力で動かしているように見えます。

5円玉が昇っている最中は手は動かすことなくしっかり止め、右手の指の力をわずかに弱めることだけに集中しましょう。

輪ゴムの傾け具合に注意!

5円玉が昇っているように見せるために輪ゴムはやや傾ける必要がありますが、このときの傾きが急すぎると5円玉が滑り落ちてしまい上手くいきません。

かといって平行にしすぎると昇っていることにならないので、微妙な傾け具合の調整が必要です。

傾け具合は輪ゴムの摩擦などによって変わってくるので、事前に確認しておくようにすると良いでしょう。

演出も重要

不思議なマジックですが現象自体はやや地味なので演出が重要になってきます。

例えば「応援されるとやる気になって昇っていきます」と言ったり「重力に逆らう物質です」などと言って上手く興味を引くようにしましょう。

簡単なストーリーがあるだけで単純な現象でも楽しんで見てもらうことができますよ。

 

まとめ

本記事ではの昇るリングのやり方について解説しました。

超簡単なマジックで、現象もやや地味ですがやり方次第では十分盛り上がるマジックです。

是非試してみてはいかがでしょうか?

 

本サイトでは書籍やDVDに負けず劣らず沢山のマジックやテクニックを紹介しています。

 

またTANECOLE MAGIC会員は初級〜プロ級のものまで本サイトで紹介している150種類以上のマジックを全て見ることができます。

本格的にマジックを習得したい方は下のボタンからぜひチェックしてみてください。

TANECOLE MAGIC 会員について

 

 

-日用品マジック