コーラ缶の復活マジックの種明かし・解説

日用品マジック

概要

コーラ缶の復活 マジック概要
難易度★★★★☆
汎用性★☆☆☆☆
インパクト★★★★★

現象
マジシャンは中身の入っていないコーラのつぶれた空き缶を取り出します。
コーラ缶を手に持ち念を込めていくとつぶれていた缶が徐々に元通りになっていきます!
空いた口もひと撫ですると密封された状態になり、最終的には新品同様のコーラ缶になります。
最後はコーラ缶を開封し、中から出てきたコーラをコップに出して飲んでしまいます。

 


実演

マジシャンのセロがテレビで演じたこともあり、とても有名なマジックです。

ひとりでに空き缶が復活していく様子は非常にビジュアルで、初めて見る方は魔法を見ているかのような気持ちになるでしょう。

演じるのに難しいテクニックはいらず、周到な事前準備と演技力があれば誰でも演じることができます。

 

とはいえその準備の大変さからいつでもどこでも演じられるほど手軽ではないので、演じる場所と時は選ぶ必要があります。

絶大なインパクトのあるコーラ缶復活マジック、ここぞという機会に演じてみてはいかがでしょうか?

 


マジック解説

準備

未開封のコーラ缶(350ml)と黒い画用紙を用意します。

コーラ缶の端、目立たない場所(バーコードの黒い部分など)に千枚通しなどで穴を空けます。

穴を空けた瞬間中からはコーラが吹き出してくるので、作業はシンクやお風呂など濡れても問題ないスペースで実施することをおすすめします。

空けた穴から吹き出す勢いが弱くなるまでコーラを抜いていきます。

ある程度コーラを出したら両手でコーラ缶を潰しながらコーラを抜きます。

潰す際、一箇所に集中して力を加えて潰しすぎてしまうと角が立ち、別の場所にまで穴が空いてしまいます。

全体的に力をかけてほどほどに凹むよう、注意して潰していきます。

また穴の位置は後で塞ぐので、でこぼこしないようあまり潰しすぎないようにします。

中のコーラは大体半分以上残っていれば問題ありません。

ある程度コーラ缶を潰したら穴を上に向けて置き、上からセロハンテープを貼ります。

テープの部分からは最もコーラが漏れやすいので、隙間ができないようしっかりと密着させて貼るようにしましょう。

テープの代わりに瞬間接着剤で穴を塞いでも問題ありません。

穴を塞いだコーラは極力動かさないように注意します。

次に黒い画用紙をコーラ缶の口の形に合わせて半月状に切り取ります。

切り取った画用紙の裏には極小の両面テープかマジシャンズワックスを付け、コーラの口の部分に貼り付けます。

この画用紙は後で指先で取り去るので、ずれない程度に軽く固定されていれば十分です。

遠目から見るとコーラ缶が開封されているように見えます。

 

演技

準備したコーラ缶を揺らさないよう注意しながら観客に見せます。

つぶれてしまっている面をよく見せ、使用済みであることを強調します。

続いて空け口の方を観客に見せ、開封済みであることを示します。

実際には黒い紙が貼ってあるだけなのであまり見せるとバレるのではと思われるかもしれませんが、「缶が潰れている」ことの先入観により観客からは穴が空いているようにしか見えません。

余程の至近距離でなければ見抜かれることは無いので自信持って見せてしまって大丈夫です。

コーラ缶を逆さまにし、中身が出てこないことを示します。

この際中のコーラが揺れて缶が膨らみやすいため、ゆっくりと傾けるよう注意しましょう。

「これからコーラ缶の時間を逆戻りさせていきます」と言って中のコーラを揺らすようにして少し勢いをつけながら缶を横向きにして右手に持ちます。

すぐさま左手でおまじないをかけるような仕草をしていきます。

すると揺らされた衝撃で中のコーラからは炭酸が発生し、徐々に缶が膨らんでいきます。

そのままおまじないをかける仕草をしながら右手でコーラ缶をさりげなく揺らし、どんどん膨らましていきます。

コーラ缶が完全に膨らんだら手を止め、コーラ缶を左手に立てて持ちます。

コーラの口の部分を右手で覆い、撫でるような仕草をしながら密かに黒い紙を取り去ってしまいます。

観客からは空いていた口が一瞬で未開封の状態になったように見えます。

取り去った紙は手の中に隠しておきながら、コーラ缶を開封します。

手近にあるコップを手に取り、中のコーラを注いで見せます。

入っているコーラを全て注いでしまうと内容量が少ないことがバレてしまうので、ある程度で注ぐのをやめるようにしましょう。

マジシャン自身でコーラを飲む、または観客に飲ませるなどしてマジックは終了です。

コーラ缶の復活マジックのポイント

必ず事前に練習しておくべし

解説だけ読むと簡単そうに見えるこのマジックですが、潰し方によっては失敗することも多いマジックです。

膨らましている途中で別の箇所に穴が空いてコーラが吹き出してしまうこともよくあり、演じている場所によっては大惨事になりかねないので、必ず事前に練習しておくようにしましょう。

練習の際もコーラが吹き出しても問題ない風呂場を使ったり、近くにバケツを置いておくなどしてあらかじめ対策しておくことを強くおすすめします。

 

潰し方のポイント

コーラを潰す際は一箇所を強く押すと角が立って穴が空きやすいです。

また潰している時に穴が空かなくても膨らましている途中で弱い部分から穴が空くこともあります。

潰す際は「全体的に、少しずつ」を意識するようにしましょう。

極端に潰すと失敗のリスクも高くなるので、失敗できない場面で演じ場合は「軽く潰れれば十分」という妥協の精神も重要です。

 

膨らます際の動きについて

膨らます際は炭酸を発生させるためにコーラを揺らしますが、不自然な揺らし方にならないよう注意が必要です。

「おまじないをかける」という動作の一環として小刻みに揺らしていくのはもちろんですが、途中で十分に膨らまなくなった際は強めに衝撃を与える必要があります。

強めの衝撃を与えるには動きを一旦止め、缶を右手から左手に移しながら立てて示す、などの動作をすると良いでしょう。

「だいぶ膨らんできましたね」などと言ってミスディレクションをかけることで違和感なく強めに缶を揺らすことができます。

 

使用できる缶は?

コーラ缶がベストですが、場合によっては他の缶でも演じることができます。

微炭酸の飲み物は炭酸が足りず上手く膨らんでいかないためこのマジックにはあまり向いていません。

しかしファンタやスプライトなどの強炭酸ドリンクであればコーラ同様に使用することができます。

 

また「ロング缶の方が炭酸が強く良い」という声も聞きますが、個人的には350ml缶が最適であると感じています。

ロング感は形状の問題なのか缶自体の耐久度が低く、潰していく過程で別の箇所に穴が空いてしまいやすいためです。

相性の問題もあると思いますので実際に試してみて、演じやすいサイズの缶を使用してみてください。

 

今やコーラはペットボトルで売られていることの方が多く、缶がやや珍しくなりつつあるのも事実。

近くに売っていなければAmazon等での購入がおすすめです。

1本で上手くいく可能性は低いので複数本買っておきましょう。余ったら飲めばいいですしね。

 

まとめ

本記事ではコーラ缶の復活マジックのやり方について解説しました。

上手く演じることができれば最上級の奇跡を起こすことができる素晴らしいマジックです。

ストリートマジックに関しては特に空き缶が馴染みやすいので特におすすめです。

是非練習して演じてみてください。

関連記事