【コインマジックテクニック解説】シャトルパスのやり方・コツ

コインマジック

本記事では2枚持ったコインを1枚のように見せながら両手が空であることを示すテクニック、シャトルパスのやり方を解説しています。

シャトルパスは複数枚のコインを使ってコインマジックをする上では必須のテクニックで、初心者の方は必ず習得しておくべきテクニックです。

 

本記事ではシャトルパスのやり方、コツを画像つきで解説しています。

一見簡単そうなテクニックですが、タイミングをしっかり合わせなければ上手く見せることはできず、ある程度練習が必要なテクニックです。

本記事を見ながら練習して習得してみてください。

 


シャトルパスとは

シャトルバスは片手に1枚のコインを隠し持った状態でもう1枚のコインを相手に見せ、手から手に移して見せるテクニックです。

持っているコインは1枚だと思わせながら両手が空であることを示すことができます。

実際の動きは下の動画をご覧ください。

左手から右手にコインを移す時にコインをタイミングよく入れ替えることにより、2枚のコインを1枚のように見せています。

さりげない仕草の中で両手が空であることを暗に示すことができる便利なテクニックで、使用する機会は多いはずです。

 


シャトルパスのやり方

左手のひらの中指と薬指の付け根にコインを乗せ、相手に示します。

右手は軽く曲がっており、もう一枚のコインがフィンガーチップレストパームされている状態です。

テクニック

 

コインを左手から右手に渡すべく左右の手を近づけていきます。

左手を返して右手を覆うような形にし、同時に右手は手のひらを上に向けます。

同時に左手はコインをフィンガーパームして落ちないように保持します。

テクニック

 

右手を左手の下から出し、コインをつまんで観客に見せます。

 


シャトルパスのコツ

左手のコインは右手のコインの真上に来るように手を返す

シャトルパスは観客から見ると左手を返すことによりコインを右手に落としています。

この時コインの落ちる位置がずれていると不自然に見えてしまうことは避けられません。

左手にフィンガーパームするコインの位置と、右手の上に乗せたコインの位置が重なるように注意しましょう。

タイミングが重要

単純な技法のシャトルパスですが、上手く見せるにはコインの位置、スムーズさ、タイミングを全て一致させる必要があります

特に手を返すタイミングは重要で、コインが観客の目から隠れる時間はほんの一瞬にする必要があります。

練習の際は鏡を見ながら本当に1枚のコインを手から手に移し、その動きにできる限り近づけるようにしてシャトルパスを行うと良いでしょう。

コインの裏表が矛盾しないように

左手から右手に移した際、本来であれば裏表が裏返ります。

じっくりコインを見せるマジックの場合は矛盾を生じさせないためにも、右手にパームするコインは左手のコインとは裏表逆にしておくのがおすすめです。

コインの裏表をしっかり見せずに行うスピーディなマジックの場合はそれほど気にする必要はありません。

 

まとめ

本記事ではシャトルバスのやり方について解説しました。

シャトルぱすは単純な動きの中で1枚のコインを隠し持ったまま手を空に見せることのできる優れたテクニックです。

2枚のコインを使ったマジックを演じる場合にはかなり使われる機会も多いので、しっかり習得しておきましょう。

関連記事