【コインマジックテクニック解説】フィンガーパームのやり方・コツ

コインマジック

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、手の中にコインを隠すテクニック「フィンガーパーム」のやり方を解説しています。

「フィンガーパーム」をマスターすれば、相手には手を自然な状態に保ちながら手の中にコインを隠し持つ事ができます。

 

フィンガーパームは手の形が自然で楽にコインを保持できるため、コインをパームした状態から別の状態に移すまでのつなぎとして活躍するパームです。

他のパームに比べて簡単で、初心者の方でも短時間でマスターすることができます。

 

いざという時にとっさにフィンガーパームができるようになれば使える場面は非常に多くなってくるはずです。

しっかり正しいやり方を身につけておきましょう。

あわせて読みたい

 


フィンガーパームとは

フィンガーパームとは、中指、薬指、小指を軽く曲げることにより、第二関節付近でコインを保持するパームです。

コインのサイズにより中指と薬指でコインを保持することもあれば、薬指と小指でコインを保持することもあります。

手の甲側から見ると各指は自然な形で曲がっており、一見すると手にコインを持っているようには見えません。

軽く曲げるのは第2関節までで、第一関節は軽く伸びてリラックスした状態になっています。

指はしっかりと閉じておき、指の隙間からコインが光ることのないよう注意しましょう。

 


フィンガーパームのやり方

コインを親指、人差し指、中指で持ちます。

親指でコインを押さえながら引きつけ、手のひら側に引いていきます。

コインが中指、薬指の第二関節あたりまできたら、中指と薬湯、小指を軽く曲げてコインを保持します。

親指を伸ばし、各指を自然な状態にしたらフィンガーパームの完成です。

 


フィンガーパームのコツ

指の間からコインが光らないように注意

手を自然な状態にすることは重要ですが、リラックスさせるあまり指と指の間に隙間が空いてしまわないよう注意しましょう。

明るい場所などでは特にコインが反射しやすく、コインがキラッと光る(フラッシュする)ことがあります。

銀色のコインはフラッシュしてしやすいので特に注意が必要です。

コインのサイズによってパームする指を変える

小さなコインであれば薬指と小指でパーム、大きいコインであれば中指と薬指でパーム、といった具合にサイズによってパームの仕方を変えるのもおすすめです。

1円玉などの小さなコインをパームする場合は中指と薬指でパームしてしまうと握り方が大きくなってしまいがちです。

コインのサイズ問わず自然なパームができるのもフィンガーパームの特徴なので、様々なコインを使って練習してみると良いでしょう。

指先で何かをつまむとより自然に見える

フィンガーパームはそのままでも自然ですが、親指と人差し指で何かをつまむとより自然に見えます。

マジシャンは手に何かを持っていることを隠すためのカムフラージュとして魔法の杖を使うことがありますが、同様にフィンガーパームをしている際も何かを持つことは有効的です。

別のコインをつまんで見せる、テーブル上の物をつまんでみせるなどやり方は様々あるので臨機応変に対応していきましょう。

 

まとめ

本記事ではフィンガーパームのやり方について解説しました。

フィンガーパームは最も簡単なパームと言っても良く、少し練習すれば誰でもすぐにできるようになります。

楽に保持できることから使用機会も自然と多くなるパームです。

コインマジックをする方は必ず習得しておくようにしましょう。

関連記事