【コインマジックテクニック解説】フロントパームのやり方・コツ

コインマジック

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、手の平の指の間にコインを隠すテクニック「フロントパーム」のやり方を解説しています。

フロントパームを使うと一見コインを持っているようには見せないまま、手の中にコインを隠し持つことができます。

 

フロントパームはバックパームと対を成すパームで、手のひら側にコインを隠します。

手の甲側から見ると指先はピンと伸びており、親指も外側に伸びているのでコインを持っているようには見えません。

 

バックパームと比較すると簡単で、それほど練習しなくても習得することができます。

使用機会はそれほど多くありませんが、演じられるコインマジックの幅を広げるためにも是非習得しておきましょう。

あわせて読みたい

 


フロントパームとは

フロントパームは手を伸ばした状態で人差し指と小指でコインを挟むことにより行うパームです。

バックパームとは手のひら側にコインがあるという点において異なります。

各指は自然に伸びており、手の甲側から見るとコインを持っているようには見えません。

指を開いたり動かしたりすることはあまりできませんが、親指は自由に動かすことができます。

 


フロントパームのやり方

親指と人差し指の側面でコインを持ちます。

親指を少し伸ばして腹の部分をコインの表面に当て、そのまま下の方へ引いて滑らせます。

コインを中指と薬指の上(第一関節~第二関節付近)まで引いたら、人差し指と小指を少し曲げてコインを挟みます。

コインを挟んだら親指を離し、落とさないように注意しながら指を伸ばしていきます。

指が完全に伸び切ったらフロントパームの完成です。

 


フロントパームのコツ

自分の手のサイズに合ったコインを使う

フロントパームでもバックパーム同様、コインのサイズに多少気を使う必要があります。

しかし小さめのコインをパームする場合でも人差し指と小指が手のひら側に曲がるだけなので、バックパームよりは不自然さがありません。

手の小さい子供や女性は10円玉~500円玉、男性はハーフダラー程度を目安として練習をすると良いでしょう。

指は若干曲げておいた方が自然に見える

フロントパームではコインを落とさないようにと指をピンとつっぱってしまいがちですが、常に突っ張っているのは考えものです。

リラックスした状態のときは相応に指を曲げ、自然な状態になるようにしましょう。

慣れればフロントパームしたままでもある程度自由に指を曲げたり伸ばしたりすることができます。

コインの色にも注意

フロントパームはフィンガーパーム同様、至近距離で見た場合に指と指の間からコインが見えてしまいやすいです。

特に明るい光のもとではコインが一瞬光る(フラッシュする)ことがあるので注意しましょう。

銀色のコインは特にフラッシュしやすいので、使用する場合は指と指の間が空かないよういつも以上に注意して演じる必要があります。

 

まとめ

本記事ではフロントパームのやり方について解説しました。

フロントパームは手のひら側で人差し指と小指の間にコインを挟んで保持するパームで、バックパームとの対極に位置するようなパームです。

バックパームよりは簡単ですが指先に入れる力加減はバックパームに近いものがあるので、バックパームがなかなかマスターできない方は先にフロントパームから挑戦してみたも良いかもしれません。

関連記事