コインマジック コインマジックテクニック

【コインマジックテクニック解説】バックサムパームのやり方・コツ

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、親指の裏にコインを隠すテクニック「バックサムパーム」のやり方を解説しています。

バックサムパームを使うと手のひらが空であることを相手に見せながらコインを隠し持つことができます。

 

バックサムパームはサムパームと同様に、親指の股にコインを挟んで隠すテクニックです。

サムパームは手のひら側にコインを隠すパームであるのに対し、バックサムパームは手の甲側にコインを隠します。

 

手の形が不自然になることもなく非常にクリーンにあらためることができるため、手の中を空に見せる方法としては優秀なパームです。

しかしサムパームよりやや難しいため、しっかり練習しておきましょう。

あわせて読みたい

 

バックサムパームとは

バックサムパームとは親指の股の部分にコインの縁を挟むパームです。

コインを挟むため親指は人差し指につける必要がありますが、他の指は自然に伸びています。

縁の部分のみを挟んでおり、コインの大部分は手の甲側に出ています。

そのため手のひら側から見てもコインが見えることはなく、一見手には何も持っていないように見えます。

観客から見られる角度には若干気を使う必要はあるものの、4本の指は開いたり閉じたりとある程度自由に動かすことができます。

 

バックサムパームのやり方

伸ばした人差し指と中指の上にコインを乗せて持ちます。

やや人差し指寄りにコインを置いた方がパームはしやすいでしょう。

コインを指先に乗せたまま手を返し、握りこぶしを作るような形にします。

この時親指は小指側に伸びており、股が開かれた状態になっています。

人差し指でコインを親指の付け根に押し当て、同時に小指側にしっかりと伸ばした親指でコインの縁を挟みます。

人差し指をコインから離し、コインを挟んだまま親指を元の位置まで引いて戻します。

親指を引きながら他の指も伸ばしていきます。

全ての指が伸びたらバックサムパームの完成です。

 

バックサムパームのコツ

パームする際は親指を小指側にしっかり伸ばす

バックサムパームはパームの形自体はそれほど難しくないものの、パームの形に持っていくまでが難しいパームです。

手を握り込んでコインを親指の付け根に押し付けた時に、親指を目一杯小指の方に伸ばしてコインの縁を捉えることがひとつのコツです。

難しければ最初にコインを人差し指の腹に乗せた状態で始めると、コインが外側にはみ出やすくなるので少し楽になります。

上から見下ろすような角度には不向き

バックサムパームはやや角度に弱く、上から見下されるとコインが見えてしまいます。

手のひらを見せる際は手を目線の高さ近くまで上げ、コインが見えないように注意しましょう。

横からの角度にもあまり強くないので、多人数相手に演じる際は観客を中央に集めるなどして上手く工夫する必要があるでしょう。

パームしたコインを取り出すには手を伸ばしてコインをキャッチする

バックサムパームで隠したコインを取り出すには、少し先に手をのばすと同時に挟んだコインを落とし、手のひらを上に向けて握り込んでキャッチします。

素早く行えば何もない空中からコインを取り出したように見えます。

バックサムパームではコインを取り出すのも少し難しいので鏡の前で要練習です。

 

まとめ

本記事ではバックサムパームのやり方について解説しました。

バックサムパームは手のひらを不自然さなくあらためることができるパームで、手を空に見せるためにはうってつけです。

しかしパームの形に持っていったり、そこからコインを取り出すことは少し難しいのでしっかり練習する必要があります。

自在に扱えるようになれば活躍の機会は多いはずです。

-コインマジック, コインマジックテクニック