バニシングケースの種明かし・解説|消えるカードケース!?ムッシュ・ピエールも演じたマジック

カードマジック

概要

バニシングケース
難易度★★★☆☆
汎用性★★★★☆
インパクト★★★★☆

現象
マジシャンは一組のトランプを取り出してマジックを始めようとしますが、ふと思い出したように「マジックをするにはまずトランプをケースから出ささないといけないですね」と言い出します。
そのままマジシャンが一組のカードをひっくり返すとどこからともなくカードケースが現れます
ケースからトランプを再び取り出しますが、今度は先程のケースが忽然と消えてしまいます

 


実演

マジシャンであるムッシュ・ピエール氏がテレビで演じたことで有名になったマジックです。

小ネタ的な要素は強いものの観客に与えるインパクトは強く、トランプマジックをよく行う方であれば演じられる機会は多いでしょう。

ギミックさえ用意しておけばいつでも演じることができるので使い勝手の良いマジックです。

ギミックは簡単に自作できるので演じてみてはいかがでしょうか。

 


マジック解説

準備

カードケースの片側を切り取って写真のようなギミックを作成します。

側面は全て切り取られて平らな状態になっていることに加え、フラップ(ふた)の部分がつながって残っていることがポイントです。

裏面はそのままでも問題ありませんが、普通のカードを貼り付けておくとカムフラージュになります。

ギミックはフラップ部分を写真のように折り曲げた状態で裏向きにし、表向きのデックのボトムにセットしておきます。

演技

デックを表向きに取り出し、テーブルの上に表向きでスプレッドします。

ギミックカードの裏面に普通のカードを貼り付けるカムフラージュをしていない場合は、ボトムカードが見えないようにスプレッドしてください。

デックを揃えて左手にディーリングポジションで持ち、思い出したように「ケースからトランプを忘れていました」などと言います。

上エンドに右手をかけ、デック全体を掴んで引き少し前に出します。

この時左手の人差し指は曲げた状態でデックのボトムカードに軽く当てた状態にしておきます。

するとデックを前に出した時にボトムにあるギミックカードのフラップが人差し指に引っかかります。

フラップを人差し指に引っ掛けたままデック全体を右手で縦方向に返します。

するとフラップがデックの前エンド側を覆い、一瞬でカードケースが出現したように見えます。

両サイドからは普通のカードの側面が見えてしまうので、左手でデックをしっかり持って見えないようにカバーします。

右手を上エンド側にかけ、フラップをめくりカードケースを開けたように見せます。

フラップを手前に折り返すことでデックが露出します。

露出しているデックを右手で上からつかみ、前側に引き抜きます。

手前に出したデックをそのまま縦方向にひっくり返し、ギミックカードの上から重ねて左手にディーリングポジションに持ちます。

表向きにしたデックを両手にスプレッドして見せます。

突然現れたカードケースが一瞬で消えてしまったように見えます。

 

バニシングケースのコツ

あえて最初にカードケースから取り出してもOK

ここで紹介した動画ではカードケースなしで演じ始めましたが、あえてセットしたデックをカードケースに入れておき、本当にカードケースから取り出す所からマジックをはじめても良いでしょう。

本物のカードケースはポケットに入れておき、演じ終わった後で「ケースはここにありましたね」などと言えば観客は確実に混乱するでしょう。

最初にカードケースのデザインを印象づけておく事で、「一瞬すぎて何が起きたのかわからなかった」と言われる可能性も下げることができます。

ギミックカードの処理方法

このマジックを演じた後はギミックカードさえ処理できれば他のマジックにそのまま繋げることができます。

先述の通り本物のカードケースをポケットに入れておいた状態で演じ、終わった後でボトムにあるギミックカードをボトムパームします。

パームした手をポケットに突っ込み「ケースはポケットの中にありましたね」などと言ってギミックカードをポケットに入れつつ本物のケースを出せばOKです。

あわせて読みたい

一連の動作はテンポよく!

カードケースを出現させる動作、デックを取り出す動作、デックをひっくり返す動作は全てスムーズな動きの中で行うよう意識しましょう。

まじまじと見られると普通のカードケースでは無いことに気づかれる可能性もあります。

フラップを人差し指に引っ掛ける部分は少し慣れが必要なので、人前で演じる前にある程度練習しておくべきでしょう。

デックが一切ずれないよう注意

このマジックではひっくり返す際、ひっくり返した後にデックがずれると全てが台無しになります。

右手でデックを持つときはカードがずれることがないよう、深めに持って返すよう意識すると良いでしょう。

ひっくり返し始める前にデックをよく揃えておくことも重要です。

 

まとめ

本記事ではバニシング・ケースのやり方について解説しました。

カードマジックを始める前のつかみに最適なマジックです。

観客が「まださすがに何も起きないだろう」と思っているタイミングに不意打ちとして演じることで観客を引き込むことができます。

ギミックは一個作っておけば何回でも使える上、演じた後に処理できれば普通にカードマジックが続けられるので非常に重宝するマジックです。

関連記事