【コインマジックテクニック解説】ピンキースチール・バニッシュのやり方・コツ|錯覚の強いコインバニッシュ

コインマジック

本記事では手から手にコインを落として移した後にコインを消してしまうテクニック、ピンキースチールバニッシュのやり方について解説しています。

ピンキースチールバニッシュを使うと手の中に握ったコインを消したり、もう片方の手から出現させたりと言ったマジックを演じることが可能です。

 

ピンキースチールバニッシュは非常に錯覚が強く働く、優れたコインバニッシュです。

一般の方はもちろん、マジックを見慣れている方や多少経験がある方相手に演じても驚かすことが十分に可能です。

本記事ではピンキースチールバニッシュのやり方について細かく解説しているので是非マスターして使ってみてください。

 

因みにこのコインバニッシュ自体はマジシャンの間ではよく知られている歴としたテクニックですが、「ピンキースチールバニッシュ」という名称は正式なテクニック名ではありません。

技法の正式名称は不明で名前がついているのかも定かではなかったため、便宜上本記事では「ピンキースチールバニッシュ」と命名して解説しています。

あわせて読みたい

 


ピンキースチールバニッシュとは

ピンキースチールバニッシュとは片手からもう片方の手にコインを落として移した後に消し去ってしまうコインバニッシュです。

実際の動きは下の動画をご覧ください。

右手から左手にコインを落としてみせ、落としたコインを密かに右手の小指と薬指で挟んでスチールして右手に移しています。

他の多くのコインバニッシュと異なり、コインが手から手に落ちているところを見せられるので非常に強い錯覚が働きます。

やや難しいコインバニッシュですが、習得すれば使える場面も多く素晴らしいコインバニッシュです。

 


ピンキースチールバニッシュのやり方

右手の親指と人差し指の側面でコインの端を挟み、相手に示します。

各指は軽く握られた状態になっています。

左手を開き、空であることを観客に示します。

右手の小指が開いた左手の端に軽く乗るようにして、コインを左手の上に持ってきます。

右手が左手の上に来ると同時に左手の指を少し曲げます。

コインを右手の親指で押し出すようにして落としますが、コインを落とす直前に右手の小指を伸ばします。

コインを落としたらすかさず小指を曲げ、薬指との間に挟んでコインをキャッチします。

挟んだコインを見えないようにしながら右手を引き、左手を握り込みます。

カムフラージュのために右手は人差し指を伸ばして左手を指し示します。

おまじないをかける仕草をした後、左手を開いてコインが消えていることを示します。

 


ピンキースチールバニッシュのコツ

伸ばした小指が見えないように左手を曲げてカバーする

このテクニックはコインをキャッチするために伸ばした小指が見えてしまうと台無しです。

そのため左手の指先を若干曲げることによって伸ばした小指、スチールされるコインを見えなくすることがポイントです。

左手は曲げすぎるとあまり不思議に見えないので、開いているように見えるけれど手のひらが見えない、絶妙な曲げ具合になるように注意してください。

直前に何度かコインを同様の動作で左右の手に移して見せると良し

通常のコインルーティンの中にコインを落とす仕草が入ると不自然に見えることもあります。

直前に1.2回、手から手に同様の動きでコインを手のひらに落として移す仕草をしておくと自然に見えるようになります。

指先を伸ばしてできるだけ高い所からコインが落ちるようにする

コインをキャッチすることの難しさから落とす高さは低くなってしまいがちですが、高さを下げるとこのコインバニッシュの強みである「コインが落ちている所」をよく見せられなくなります。

右手の小指は左手の上につけたまま、親指と人差し指は極力伸ばして高い位置からコインを落とすようにしましょう。

こちらの方が見栄えが良く、錯覚も強く働きます。

 

まとめ

本記事ではピンキースチールバニッシュのやり方について解説しました。

ピンキースチールバニッシュは非常に錯覚が強く、様々なコインバニッシュを組み合わせるワンコインルーティンには是非組み込みたいコインバニッシュです。

人前で演じるにはそれなりの慣れが必要なテクニックではあるので、是非練習して演じてみてください。

関連記事