【コインマジックテクニック解説】ダウンズパームのやり方・コツ

コインマジック

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、親指の陰にコインを隠すテクニック「ダウンズパーム」のやり方を解説しています。

ダウンズパームを使うことで観客には手の中を空のように見せながらコインを隠し持つことができます。

 

ダウンズパームは上手く見せれば手のひら側、手の甲側どちらから見ても手が空のように見えます。

角度には注意を払う必要がありますが、裏表を改めることができるパームは多くないので覚えておくと重宝します。

 

しかししっかり練習しておかないと観客からコインが見えてしまう可能性も高いパームです。

「どの角度で見せればコインが見えないのか」を鏡を見ながらよく研究してから演じると良いでしょう。

あわせて読みたい

 


ダウンズパームとは

ダウンズパームは親指の付け根~人差し指の付け根にかけて、コインの外周をぐるりと覆うような形で保持するパームです。

コインは手のひらの角度に対して垂直に(横向き)になっており、各指は自然に伸びています。

手の甲側から見た時、コインは観客の目線に対して平行になっているので人差し指の影に隠れて見えることはありません。

親指以外の指は自由に開いたり動かしたりすることもできます。

また手のひら側から見た場合も、コインは親指の陰に隠れており見えることはありません。

角度には気をつける必要はありますが、一見すると手の中は完全に空のように見えます。

 


ダウンズパームのやり方

指先を伸ばし、人差し指と中指の間にコインを挟みます。

親指は伸ばしたまま他の指を曲げていき、コインを親指の根元に押し付けます。

親指を少し曲げてコインの外周を覆うようにしてコインを挟みます。

他の指を伸ばして自然な状態にすればダウンズパームの完成です。

 


ダウンズパームのコツ

とにかく角度に注意!鏡を見ながら何度も練習

ダウンズパームは上手く使えば本当にコインが消えたように見えますが、少し角度を変えるだけでコインが見えてしまう繊細なパームでもあります。

特に手のひら側を見せる際は見えてしまいやすいので、どの角度なら見えないのかを鏡でしっかり確認しておきましょう。

繰り返し鏡でシミュレーションしておくことで、観客の目線に合わせて手の角度を変えて上手くコインを隠すこともできるようになります。

素早く行えばワンハンドコインバニッシュも

人差し指と中指の間にコインを挟んだ状態からダウンズパームまで移行する動作をコインを投げ上げるような動作と同時に行うことで、一瞬でコインが消えたように見せることができます。

簡単ですがフラリッシュ的な華やかさもある上に、いつでもどこでもどんなコインでも行うことができるので覚えておくと重宝します。

手の甲側を見せれば大勢の前で見せても見切られづらいのでおすすめです。

テクニック

手のひら側は多人数相手には見せない

ダウンズパームは基本的に角度に弱いので、あらゆる角度から見られる多人数相手にはあまり向いていません。

特に手のひら側は多人数相手には見せない方が良いでしょう。

観客が極端に正面に密集しているわけでも無い限り、コインが見えてしまいがちです。

手のひら側を見せるのはクロースアップで、なおかつ一対一の状況がベストです。

 

まとめ

本記事ではダウンズパームのやり方について解説しました。

ダウンズパームは使用できるシチュエーションは限られるものの、要所で使っていけば本当にコインが消えてしまったように見せることも可能なパームです。

特にダウンズパームを使ったワンハンドコインバニッシュは汎用性が高いので、習得しておくことをおすすめします。

関連記事