忽然と消えるコインの種明かし・解説|テクニック不要!少し変わった消失現象

コインマジック

概要

忽然と消えるコイン
難易度★☆☆☆☆
汎用性★★☆☆☆
インパクト★★★☆☆

現象
マジシャンは一枚のコインを手にとってマジックを始めます。
手のひらに乗せたコインの上に小さな紙をのせておまじないをかけ、小さな紙をクシャクシャに小さく丸めてしまいます。
コインは忽然と消え、手の中ももちろん空です。

 


実演

準備は必要ですが、初心者でも簡単に強烈な消失現象を起こすことができます。

テクニックでコインを消すにはある程度の練習が必要ですが、このマジックは非常に簡単です。

しかし汎用性には欠けるマジックなので、実際に演じられる場面は限られてくるでしょう。

知らなかった方は原理を知っておくだけでも十分です。

 


マジック解説

準備

銀色のコイン(ハーフダラー、100円玉など)とアルミホイルを用意します。

コインの上からアルミホイルを被せて押さえ、軽く型を取ります。

型に沿って丸くアルミホイルを切り取ります。

少し大きめに切り取ることがコツです。

切り取ったアルミホイルをコインの上に乗せ、上から押して型を取ります。

表面を指などで強くこするとアルミホイルにコインの模様が浮き出てきます。

側面もしっかり折り込んだら中のコインを抜けばアルミホイルでできたギミックコインの完成です。

手に取らない限り偽物であることはまず見抜かれないでしょう。

またあらかじめコインより少し大きいサイズに切った紙を用意しておきます。

演技

準備したギミックコインを手のひらにのせた状態でマジックを始めます。

小さな紙を取り出し、ギミックコインの上に乗せて覆います。

指を鳴らすなどしておまじないをかけるような仕草をします。

手のひらに乗せた紙をその下にあるギミックコインと一緒につまみ、クシャクシャに潰して小さくしてしまいます。

手が間違いなく空であることを見せればコインが一瞬で消えたように見えます。

 

忽然と消えるコインのコツ

ギミックコインの扱いは慎重に!

アルミホイルでできたギミックコインは変形しやすく、少し強く持っただけでも曲がってしまいます。

極力持って取り扱うことは避け、手のひらに乗せて演技を行うようにしましょう。

普段持ち歩く際は中にコインに被せた状態にしておき、マジックをするときだけコインを外してアルミホイルだけの状態にすると良いでしょう。

小さく丸めた紙はさっさと捨ててしまおう

小さく丸めた紙も一見するとゴミですが、中を開かれるとアルミホイルが入っていることがバレてしまいます。

紙は捨てる、ポケットに入れるなどして観客の興味が向く前にさっさと処理してしまいましょう。

くれぐれもそのままテーブルの上に放置しておいてはいけません。

通常のコインマジックを演じた後にすり替えて演じてもOK

通常のコインマジックを行った後でギミックコインにすり替えて演じるとより効果的です。

普通にコインを消すよりもクリーンに見せられ、コインバニッシュを知っている人に対しても意表をつくことができます。

事前に同じコインでコインマジックを演じておくことで、ギミックだと勘付かれる可能性も低くなるのでこのマジックの弱点もカバーすることが可能です。

 

まとめ

本記事では忽然と消えるコインのやり方について解説しました。

通常のコインマジックと異なり、全くテクニックを使用しないコインバニッシュです。

ギミックコインはとても自作できないものが多い中、このマジックのギミックは簡単に自作できるので手軽さも抜群です。

普通のコインバニッシュに飽きた方はぜひ演じてみてはいかがでしょうか?

関連記事