【コインマジックテクニック解説】ウィルソンパームのやり方・コツ

コインマジック

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、中指の陰にコインを隠し持つテクニック、ウィルソンパームのやり方について解説しています。

ウィルソンパームを使うと両手が空であるかのように見せつつ、コインを隠し持つことができます。

 

ウィルソンパーム指と指の間が開かれた状態で、死角を上手く利用して行うパームです。

指の形が特徴的なので多用はできませんが、上手く行えば相手からはコインを隠すスペースなど一切ないように見えます。

 

ウィルソンパームだけで十分コインマジックとして成立させることができます。

他のパームとは少し異なる、トリッキーなテクニックですが覚えておけば必ず役に立つでしょう。

あわせて読みたい

 


ウィルソンパームとは

ウィルソンパームを使ってコインを消す様子は以下の動画をご覧ください。

ウィルソンパームは人差し指の付け根と指先で、コインの面を上に向けた状態で挟んで保持するパームです。

丁度コインを隠すような形で中指が伸びており、薬指、小指は階段状に少しずつ広がっています。

真正面から見るとコインは中指の陰に隠れて見えず、手の中は完全に空のように見えます。

通常は特徴的な手の形をカムフラージュするために右手も同じような形にして広げてみせます。

1円玉くらいの小さいコインからワンダラー程度のサイズまでなら問題なく隠すことのできるパームです。

要所で使えば本当にコインが消えてしまったように見えるので、ルーティンの中に組み込んでいきましょう。

 


ウィルソンパームのやり方

コインの消し方

左手の指先でつまむようにしてコインを持ちます。

右手の指先を伸ばしてコインの前側を覆い、相手からコインが見えないようにします。

すぐに右手の親指でコインを押さえたまま、左手の人差し指をコインの表面を滑らせるようにして伸ばしてから曲げ、指先と付け根でコインを挟みます。

左手の人差し指に挟んだコインが見えないように中指を伸ばしながら、薬指、小指も階段状に開いて手のひら側を相手に向けます。

コインを覆うようにした右手はそのままにしておくことで、左手の中指と親指でコインを持っているように見えます。

右手をつまむようにして軽く握り、右の方へ動かします。

相手からは左手の中指と親指の間に挟んで持っていたコインを右手で掴み取ったように見えます。

右手を揉むように動かしてから開き、コインが消えてしまったことを示します。

コインの出し方

再度左手の前に右手を持ってきて覆うようにして隠します。

すかさず左手の親指を引き、コインの縁を引っ掛けて伸ばします。

するとコインは回転しながら押し出され、人差し指の指先と親指の間に保持されます。

右手をどけ、コインが出現していることを示します。

 


ウィルソンパームのコツ

「コインを隠す→持ち替える→掴み取る→消す」に見えるように

コインマジックではパントマイムが重要ですが、ウィルソンパームも例外ではありません。

右手でコインを覆った後は、左手のコインを持ち替えて中指と親指の間に持ち、そのコインを右手で掴み取ったように見えなくてはなりません。

ウィルソンパームをせずに上の動きを実際にしてみて、その動きを真似するようにしてウィルソンパームをする練習すると良いでしょう。

右手でコインを覆う時間は極力短くなるように

ウィルソンパームは隠す場所の特性上、右手でコインを一旦覆う必要があります。

コインが覆われている間、裏でもぞもぞしていたり時間が長かったりすると観客は不審に思います。

コインが隠れる時間ができるだけ短くなるよう、左手は素早くウィルソンパームできるようにしましょう。

薬指、小指はできるだけ開いて見せる

できるだけ手の形を綺麗に見せるためにもウィルソンパームしている状態の他の指の形にも気を使うようにしましょう。

薬指、小指はできるだけ広げ、指と指の間が空いているほうが相手からはクリーンに見えます。

また本当に空の右手は左手に近い形にしたほうがパームされたコインがカムフラージュされます。

 

まとめ

本記事ではウィルソンパームのやり方について解説しました。

ウィルソンパームは両手を完全に空に見せることができるパームで、コインの完全消失を示す手段として非常に有効です。

コインパームとしては少し難しい部類に入りますが、他のパームでは代用できない重要なテクニックなので是非習得してみてください。

関連記事