【コインマジックテクニック解説】クラシックパームのやり方・コツ

コインマジック

本記事では手の中に物を隠す技術「パーム」の一種で、最もよく使われるテクニック「クラシックパーム」のやり方を解説しています。

「クラシックパーム」をマスターすれば、相手には手が空であるかのように見せながら手のひらにコインを隠し持つ事ができます。

 

クラシックパームはコインマジックにおいて最も基本となるテクニックで使われる機会は非常に多いです。

コインマジックを習得したい方はまずクラシックパームをできるようにしなければ話になりません。

 

上手くパームできるようになるためには多少の練習が必要です。

しかし数あるパームの中でも手の形が自然で自由度も高く、最も優れたパームと言っても過言ではありません。

自然にできるまで繰り返し練習し、しっかり習得しておきましょう。

あわせて読みたい

 


クラシックパームとは

手のひらの中心近くにあるコインを小指の付け根と親指の肉丘で挟んで保持します。

しっかりコインを挟めていれば手のひらを下向きにしてもコインが落ちることはありません。

指は自然に伸ばされてリラックスした状態になっており、手の甲側からみると手の中は空であるかのように見えます。

若干であれば指の間を開くこともでき、手の自由度は非常に高いです。

最初はコインを保持するのに力が入ってしまうため、手の形が不自然になりやすいです。

慣れればそれほど力を入れなくてもコインをしっかりと保持することができるようになるので要練習です。

 


クラシックパームのやり方

右手の中指、薬指の上にコインをのせて持ちます。

コインを指先にのせたまま手の甲を上に向け、握りこぶしを作るような形にします。

指先にのったコインを手のひらに押し付けながら親指の肉丘に力を入れ、クラシックパームの位置でコインを挟んで保持します。

コインを手のひらで挟んだら指先を伸ばして自然な状態にすればクラシックパームの完成です。

 


クラシックパームのコツ

親指が不自然に立たないように

最初は力が入るあまり親指が立ってしまやすいですが、これは「フィッシュフック(釣り針)」というあだ名がついている下手なパームのやり方です。

観客側から見た際に非常に不自然で、ひと目でパームをしていることがわかってしまいます。

自然なパームをするためにはまず自分の手が普段どのような形をしているのか知る必要があります。

練習の際は鏡で自然な手の形をよく確認し、コインをパームしながら自然な手の形に近づけていくようにしましょう。

大きいコインの方がやりやすい

クラシックパームは大きいコインの方がやりやすいため、最初は大きめのコインで練習すると上達が早いでしょう。

おすすめはアメリカの旧50セント通貨であるハーフダラーですが、無ければ500円玉で良いでしょう。

余談ですがハーフダラーは見栄えも良いため、コインマジックをするのであれば数枚は持っておきたいところです。

コインマジックの世界では多くのマジシャンが好んでハーフダラーを使っており、ギミックコインが多いことも特徴の1つです。

練習ではとにかくパームしている時間を増やす

クラシックパームをマスターするには「とにかくパームしている時間を長くする」ことが効果的です。

テレビを見ながら、スマホをいじりながらでも十分パームはすることができます。

自分がパームしていたことを忘れるくらい肌身離さずコインをパームしてみましょう。

1週間も続ければ自然なパームができるようになっているはずです。

 

まとめ

本記事ではクラシックパームのやり方について解説しました。

クラシックパームはコインマジックにおいて最も基本となるテクニックで、汎用性、自然さ等どれをとっても非常に優秀なパームです。

またクラシックパームさえできれば簡単なコインバニッシュであれば十分行うことができます。

どんなコインマジックをするにしても必要なテクニックなので、いつでも自然なクラシックパームができるようになるまで練習しておきましょう。

関連記事