コレクターの種明かし・解説|一瞬で起きるサンドイッチ現象

カードマジック&種明かし集

概要

コレクター マジック概要
難易度★★★★★
汎用性★★★★★
インパクト★★★★★

現象
お客様に選んでもらった3枚のカードをバラバラにトランプの中へ入れます。
4枚のAを上に載せて指を鳴らし、Aを広げると3枚のカードがAに挟まれています

 


実演

コレクターというマジックは現象の鮮やかさ、わかりやすさからマニアの間では特に人気の高いマジックです。

しかし観客から見た「サンドイッチ」というわかりやすさとは裏腹に、この現象を実現するためには様々なハードルがあります。

 

今回の手順ではあまり観客から見た不自然な動作なく、サンドイッチ現象を実現しています。

しかし、裏では結構難しい技法が多く難易度はやや高めです。

マジックを趣味にしているのであれば知識としてこのマジックの仕組みを知っておくのも良いかもしれません。

 


コレクター解説

このマジックで使うテクニック

デックの中から4枚のエースを抜き出してテーブルの上に表向きで置いておきます。

裏向きのままデックを両手にスプレッドしていき、観客に3枚のカードを選ばせて裏向きのままデックからアウトジョグ(外側に半分ほど突き出させる)していきます。

観客が3人以上いる場合には、3人の観客にそれぞれ1枚ずつカードを選んでもらうと演出上より効果的です。

3枚のカードのみ外側に突き出た状態のままデックを閉じます。

選ばれた3枚のカードを左手中指を支点として時計回りに回転させるようにしながら右手で抜き出し、裏向きのまま相手に示します。

このとき、右手に持った3枚のカードに観客が注目している隙に左手のデックのトップカードの下に左手小指でブレイクを作っておきます。

テクニック

 

右手の3枚のカードを裏向きのまま左手のデックの上に重ね、右手をビドルポジションでかけます。

左手親指でトップカードを右側に押し出して右手に取り、右手を返して表面を相手に見せてカードを覚えてもらいます。

右手を元通りに返して左手のデックにかけ、1枚目のカードの下に、ブレイクより上の3枚のカードを全て重なったまま取ってしまいます。

このとき表面のインデックスだけが見えるよう少しずらした状態で取るようにします。

3枚とることによる不自然さが生まれないよう、1枚目同様に左手の親指を伸ばす動作をしながらカードを右側に引いて取るようにします。

そのまま右手を表に返して2枚のカードを観客に覚えさせます。

観客は2枚目のカードのみを右手に取ったと思っていますが実際には3枚カードが重なっています。

再度右手を返して左手のデックの上にかけ、再度左手のトップカード1枚を右手のカードの下に少しずらして加え、表に返して観客に覚えてもらいます。

右手を戻して右手のカードを全て左手のデックの上に乗せて揃え、すぐにトップから3枚を左手親指で1枚ずつ押し出してテーブルの上に重ねて配ります。

この時点でカードはすり替わっており、左手のトップカード2枚には観客の選んだカードがあります。

右手でテーブルの上に表向きに置いてある4枚のエースを扇状に開いて取り上げますが、このとき左手のデックのトップカードの下に左手小指でブレイクを作っておきます。

4枚のエースを左手のデックの上に表向きのまま乗せて揃えて再度右手で取り上げます。

この時にブレイク上のトップカードを4枚のエースの下に一緒に取ってしまいます。

右手に持ったパケットを観客に示しながら再度左手のデックのトップカードの下にブレイクを作っておきます。

ここから1枚ずつエースを相手に見せながら数えていきます。

少し難しい動きになりますが最終的にスムーズにできるよう、まずは一つ一つ動きを確認しながら進めてみてください。

5枚のカードを右手にビドルポジションで持ったまま、左手の親指で右手のパケットのトップカードを押さえて右手を右側に引きます。

するとトップのエースだけが左手のデックの上に残ります。

そのまま右手の残りのカードは左手に引いて残したエースの上に持ってきて、少しだけ右側にずらした状態で1枚目のエースを右手に残ったカードの下にビドルポジションで持ちます。

この段階で左手にあるブレイクより上の1枚のカードを右手のカードの下にビドルポジションで掴んでおきます。

右手のパケットとその下で保持している1枚のカードの間には隙間を保っている点に注意です。

左手親指で再度右手のトップカードを押さえたまま右手を右側に引きます。

このとき右手のカードの下で掴んだブレイク上のカードも一緒に引いて持っていくようにします。

右手のカードが完全に抜けたら左手に取ったエースの上に持ってきて、少しずらした状態で右手のパケットの下にビドルポジションで取ります。

最後のエースも左手親指で押さえたまま右手を右側に引き、右手のパケットを左手に取ったエースの上側に少しずらした状態で持っていきます。

少しずらした状態で右手に持った4枚のエースを観客に示します。

実際には1枚目と2枚目のエースの間、2枚目と3枚目のエースの間にはすでに裏向きのカードが挟まっています。

また、上から2枚目の表向きのエースの下のブレイクは保ったままであることに注意してください。

右手に持ったカードを左手のデックの上で揃え、右手のブレイクより上のカードだけを取り上げて裏向きにしてデックの右斜め前辺りに左手親指で押さえて保持します。

左手親指で抑えているカードの下に右手の親指を入れ、パケット全体を表向きにひっくり返しながらテーブルの上に置きます。

以上の動作をスムーズに行う事により、単に4枚のエース全てを表向きにしてテーブルの上に置いただけのように見えます。

実際にはデックにはまだ2枚のエースが残っており、カードは以下の状態になっています。

次にテーブルの上に裏向きで置いてある3枚のカードを順番を変えずに右手に取ります。

若干扇状にしておくとカードが差し込みやすくなります。

右手のカードを裏向きのまま相手に示しながら左手はデックを少し手前側に傾け、左手親指でトップカードから2枚をリフルして分けておきます。

右手に持ったカードのうち一番下のカードをリフルして分けた所、すなわちトップから2枚目と3枚目の間に半分ほど突き出した状態で入れておきます。

残る右手の2枚のカードはデックの任意の所に差し込みます。

デックに右手をかけ、突き出している3枚のカードを全てデックの中へ押し込みます。

テーブルの上にパケットを右手で取り上げ、表向きのまま左手のデックの上に置きます。

指を鳴らすなどのおまじないの仕草をします。

トップカード付近をスプレッドして4枚のエースの間に3枚の裏向きのカードが挟まっていることを観客に示します。

裏向きのカードを裏返して観客の選んだ3枚のカードであることを示します。

 

コレクターのポイント

観客から見てシンプルな演技を心がける

コレクターはマジシャン側から見るとやることが多く煩雑ですが観客目線で見れば手順はシンプルで、「3枚のカードを選び、4枚のエースを確認し、選んだカードをデックに入れて指を鳴らしている」だけです。

どんなに手順が煩雑でも極力シンプルに見えるよう、一つ一つの動作はさり気なくやる必要があります。

決して仰々しく1枚1枚エースを確認していくのではなく、スピーディに見せられるよう練習していきましょう。

全体を通してカードの「ずれ」に気をつける

コレクターが失敗する最も可能性の高い原因として、「カードがずれてエースの間に挟まっている裏向きのカードが見えてしまう」ことが挙げられます。

コレクターにおいては演技のどの部分においても少しのカードのズレが命取りです。

スピーディな演技はもちろん大事ですが、練習の際はカードが一切ずれないことを最も重要視するようにしましょう。

観客のカードをデックの中に入れる際の注意

観客のカードをデックの中に入れる際は極力観客に上から3枚目に入れていることを悟られないように注意が必要です。

観客からはデックの中ほどにしっかり入れたように見せられるのがベストです。

 

そのためカードを3枚目に入れる際にデック全体を手前に傾けて親指で2枚リフルしますが、2枚目、3枚目を差し込む際にもデックの傾きはそのままにしておくと良いでしょう。

これにより観客側からは1枚目のカードを上の方に差し込んでいることが分かりづらくなります。

また差し込んだあとも差し込んだ部分をあまりじっくり見せすぎずさっさとデックの中に押し込んでしまいましょう。

 

まとめ

本記事ではコレクターのやり方について解説しました。

かなり高難度のマジックの一つになりますが、マスターすれば観客から見える現象は非常にシンプルで感動も大きいです。

マジックはどんなに手順が複雑であっても「観客からどのように見えているか」が最も重要です。

しっかり練習してシンプルに見せられるようにしてみてください。

関連記事