ツイスティングジエーセスの種明かし・解説|古典的4枚のエースマジック

カードマジック&種明かし集

概要

ツイスティングジエーセス マジック概要
難易度★★★☆☆
汎用性★★★★☆
インパクト★★★★☆

現象
4枚のエースを裏向きで取り出します。
おまじないをかけると1枚のエースが表に返ります。
もう一度おまじないをかけると今度は別のエースだけが表に返ります。
こうして目まぐるしく裏返るエースは変化していき、最終的に全種類のエースが1回ずつ表になってしまいます。
まるで幻を見ているような気分になるマジックです。

 


実演

古典的カードマジックであり、様々なバリエーションが演じられているマジックです。

定番マジックですが、素晴らしいマジックなのでレパートリーには必ず入れておきたい所です。

 

同じテクニックの繰り返し、と難易度はさほど高くありませんが、テンポよく行う事によって本当の魔法のように見せることができます。

「マジックにおいて難易度と不思議さは比例しない」といういい例ですね。

 

派手さはないので、ルーティンに組み込むのであればインパクトの強いマジックを数個したあとの休憩に、という感じが丁度よいですね。

 


ツイスティングジエーセス解説

「エースを使ったマジックをします」などと言いながらエースを扇状に広げて観客に示します。

この時エースの順番が表向きで上から赤いA、スペードのA、赤いA、クラブのAになるようにしてください。

このマジックで使うテクニック

 

4枚のエースをまとめて裏向きにして左手にディーリングポジションで持ちますが、この時ボトムカードを左手小指でバックルすることによりボトムカードの上にブレイクを作っておきます。

「1番上のエースは何だったか覚えていますか?」などと観客に聞きながらブレイクより上の3枚をトリプルリフトしてまとめてひっくり返します。

テクニック

 

パケットの下エンドを親指でリフルするようにしてトップカードだけをつかみ、表向きのスペードのAを縦方向に持ち上げて観客に示します。

同時に左手を手前方向に返して2枚目以降の表向きのカードを観客から隠します。

両手のカードを立てて観客に見せながら、右手に持ったスペードのAは左手のパケットのボトムに回しておきます。

そのままカードを前に倒して左手にディーリングポジションで保持します。

これらの動作が終わったときパケットのトップには裏向きのスペードのAがあり、その下では2枚のAが表向きになっています。

「おまじないをかけます」などと言いながら右手の親指と中指でパケットの左上コーナー、左手の親指と中指でパケットの右下コーナーを持って引っ張ることによってパケットを半回転させます。

ここでエルムズレイカウントを行うことにより4枚のエースを数えます。

すると1枚のエースだけが表向きになったように見えます。

テクニック

 

カウントが終わったら上から2枚のカードのみ広げて右手に取り、表向きになっているエースを示します。

2枚のカードを表向きのエースの上に元通り重ねてパケットを揃えます。

再度カードを半回転させておまじないをかけます。

再度エルムズレイカウントを行うことによって4枚のカードを数えます。

トップカードを右手に取り表向きのエースを観客に示した後、右手のカードをボトムに回しつつこのカードの上に左手小指でブレイクを作っておきます。

そのままブレイクより上の3枚のカードをトリプルリフトすることによってまとめてひっくり返します。

カードを半回転させておまじないをかけます。

今度はエルムズレイカウントではなく、普通に4枚のカードを左手に取りながら数えていきます。

この時、表向きのエースだけがパケットの上側に突き出すようにして数えます。

突き出ているエースを抜き取って右手に取ります。

右手のエースの表裏を観客に示しながら左手のパケットのトップカードの下に小指でブレイクを作っておきます。

右手のカードを左手のパケットに一旦乗せ、ブレイク上の2枚のカードを重ねたまま右手に取ります。

右手のカードを使って左手のカードをまとめてひっくり返して表にします。

そのまま右手のカードを左手のカードの上に重ねて揃え、パケット全体を裏向きに返します。

カードを半回転させておまじないをかけます。

ここでエルムズレイカウントを行って4枚のカードを数えます。

するとスペードのエースは表向きになっておらず、すべてのカードが裏向きのように見えます。

さり気なくトップカードを右手に取り、ボトムに差し入れてパケットを揃えます。

指を鳴らすなどして別の種類のおまじないをかけます。

パケットの右下コーナーを右手でつかみ、パケットをずらして扇状に広げます。

スペードのエースも表向きになっていることを示したら全てのカードを表向きに並べてマジックは終了です。

 

ツイスティングジエーセスのポイント

エルムズレイカウントとトリプルリフトを徹底的に練習する

ツイスティングジエーセスはエルムズレイカウントとトリプルリフトさえ完璧にできれば演じることのできるマジックです。

この2つはあらゆるマジックをする上で欠かせないテクニックなので、初心者の方が本格的なマジックをする第一歩としておすすめのマジックです。

どちらのテクニックも相手からの見え方やスムーズさが重要となってくるので、必ず鏡を使ったり動画で撮ったりしながら練習してみてください。

必ず喋りながら演じる

どのマークのAが裏返ったか、ということをしっかり実況しながら演じるようにします。

通常観客は「1枚のAが裏返った」ことまでは認識しても何も言わなければどのAが裏返ったかまではいちいち覚えていません。

そのため黙って演じているとただ1枚のAが裏返っているだけの退屈なマジックに感じられてしまいがちです。

必ず毎回「今度はハートのAですね」などと説明していくようにしましょう。

まとめ

本記事ではツイスティングジエーセスのやり方について解説しました。

ツイスティングジエーセスはテーブルがないスタンディングの状態でも演じることのできる、非常に使い勝手の良いマジックです。

1組のデックがなくとも4枚のエースさえあればできるので、マジックをふられる回数の多い方は是非ポケットに忍ばせてみてください。

関連記事