トライアンフの種明かし・解説|表裏に混ぜたカードが元通りに

カードマジック&種明かし集

概要

トライアンフ マジック概要
難易度★★★★★
汎用性★★★★☆
インパクト★★★★★

現象
観客に1枚のカードを覚えてもらいます。
1組のトランプを表裏バラバラに混ぜますが、指を鳴らすとカードの向きが揃ってしまいます
また、よく見ると唯一観客の選んだカードのみ裏返っています。

 


実演

プッシュ・スルー・シャッフルを使用したダイ・バーノンの元祖手順に
少しアレンジを加えたものとなります。
プッシュ・スルー・シャッフルはイカサマ師の間で使用される難易度の高いシャッフルです。
一般の人にも習得しやすいよう、ダイ・バーノンはトライアンフシャッフルを考案しました。

 

現在のトライアンフにはトライアンフシャッフル、ザローシャッフルのいずれかが使用される事が
多いですが、今回動画ではあまり使われないプッシュ・スルー・シャッフルを使用しました。
良く混ざった印象が与えやすいので、個人的にはトライアンフには最も適しているシャッフルです。

 

現象がわかりやすいので、トライアンフは女性や子供に演じる際にとてもおすすめです。

 


トライアンフ解説

このマジックで使うテクニック

任意の方法で観客に1枚のカードを選ばせ、覚えてもらいます。

相手のカードを戻してシャッフルしながらデックのボトムにコントロールします。

テクニック

 

デックを真ん中から2つにカットし、上半分を左側、下半分を右側に置いてリフルシャッフルのポジションに持ちます。

左側のパケット全体を表向きにひっくり返し、左右のパケットを縦向きにスプレッドして相手に示します。

左右のパケットを揃え、ここで次から説明するプッシュ・スルー・シャッフルを行います。

通常のリフルシャッフルのように左右のパケットをリフルして噛み合わせていきますが、最初に右手のパケットのボトムカード1枚だけを落とします。

次に左手のパケットよりカードを5~10枚程度落とします。

残りは通常通りリフルシャッフルをしていき、最後に右手のパケットのトップカード1枚を落とします。

噛み合った左右のパケットを半分ほど押し込んで揃えます。

半分だけ噛み合った状態のままデックをスプレッドし、カードがしっかりと表裏に混ざっていることを観客に示します。

スプレッドしたデックを元の状態に戻して横向きに置き、右側デックコーナーの側面を右手の親指と中指、左側デックコーナーの側面を左手の親指と中指でしっかりと持ちます。

側面をしっかり押さえたまま左右のデックを押し込んでいきますが、このとき完全に真横にカードを揃えるのではなく、左右のパケットが若干斜めにずれるよう若干手前に引きながら押し込みます。

大げさにずらすと以下の写真のような感じです。

このずれ幅は小さければ小さいほどよく、実際にはよく見ないとわからない程度にします。

少しずらすことによって左右のパケットのコーナーが若干飛び出ている状態になるのでまた掴んで分けることができます。

少しだけ飛び出ているパケットのコーナーを再度親指と中指でそれぞれしっかりと押さえ、右側のパケットを右斜め前に引き抜きます。

このとき右手のボトムカードだけは掴まずに左手のパケットの下に置いてくるようにします。

ボトムカードの上には段差ができているため、ボトムカード以外のカードを簡単に掴むことができます。

抜き出したカードはそのまま左側のパケットの上に重ねます。

すばやく行えば相手には単にカードを一回カットしただけのように見えます。

これらの動きが終わったあと、デックは下のような状態になっています。

表向きのカードと裏向きのカードの境目でデックを分け、裏向きになっている上半分のパケットをテーブルの上に置きます。

カードに元々ある反りから境目には微妙な隙間ができているため簡単にカードを分けることができます。

次に左手に残ったパケットよりボトムカード以外の全ての表向きのカードを右手に取り、テーブルの上のパケットの上に重ねます。

最後に裏向きのボトムカードをテーブルの上のカードに重ねます。

テンポよく行う事により、相手には単に3回に分けてデックをカットしたように見えます。

ここで「6分割ディスプレイ」と呼ばれる手法を使い、デック全体が表裏バラバラになっていることを強調します。

横向きにデックを持ち、真ん中より若干上(表向きのカードが見える部分)で2つに分け、上半分を右手、下半分を左手に持ちます。

両手に持ったパケットをテーブルの上の方に持っていき、上から数枚をリフルしてテーブルの上に置きます。

残った両手のパケットをテーブルの下の方に持っていき、さらに上から数枚をリフルしてテーブルの上に置きます。

残ったパケットをテーブルの真中付近に持っていき、両手を返してパケットの表裏をあらためます。

両手を元に戻し、先ほどとは逆の順序でカードを回収し、最後に左手のパケットの上に右手のパケットを重ねてデックを元の状態に戻します。

表向きのカードと裏向きのカードが背中合わせになっている境目の所で再度デックを2つに分けます。

上半分のパケットを右側、下半分のパケットを左側に置き、左側のパケット全体を表向きにひっくり返します。

そのまま左右のパケットで通常のリフルシャッフルを行いますが、右側のトップカード1枚を最後に落とすようにします。

デック全体を揃えたら、もう一度デックの真ん中付近からカードを2つに分けます。

上半分のパケットを右側、下半分のパケットを左側に置きそのままリフルシャッフルをしていきますが、右側のパケットを早くリフルし終えるようにスピードを調節します。

右側のトップカードが極力デックの中央付近に入るようにシャッフルをしてください。

デック全体を揃えておまじないをかけます。

デック全体を表向きにスプレッドし、1枚だけ裏向きのカードがあることを相手に示します。

そのカードを表に返すと、観客の選んだカードです。

 

トライアンフのポイント

プッシュ・スルー・シャッフルは側面をしっかり持って押し込む

プッシュ・スルー・シャッフルがうまくできず、パケットを噛み合わせたあとにカードが混ざってしまう場合は、パケットの「側面」を強く押さえると上手くいくことが多いです。

パケットを上から押さえつけてしまうとカード同士の間に摩擦が働くためパケットを分けることが難しくなってしまいます。

そのためパケットに圧力をかけない「側面」をしっかりと親指と中指で挟むことを意識して、パケットを抜き出すようにしましょう。

6分割ディスプレイはスピーディに見せる

カードがバラバラになっていることを強調する6分割ディスプレイですが、実際には混ざっていないデックを混ざっているように錯覚させるような配置に置いているだけに過ぎません。

鋭い人が見ると不自然さを感じられることもあり得るので、観客をおいていくくらいの気持ちでテンポよく、サラッと見せるようにしましょう。

デック全体にあらかじめブリッジをかけておくと楽になる

このマジックではカードにもともとある反りからできる隙間を利用して、表向きのカードと裏向きのカードの境目からデックを分ける場面があります。

しかし新品のデックなどの場合はカードに付いている癖も少なく、自然な隙間から分けることが困難になる可能性もあります。

あらかじめデック全体に軽くブリッジ(反り)をかけ、癖を付けておくことで用意にカードを分けることが可能となります。

ブリッジはドリブルオフを行うなどすることにより演技中でも自然にかけることができます。

 

まとめ

本記事ではトライアンフのやり方について解説しました。

トライアンフには数々の方法がありますが、そのほとんどはザローシャッフルを用いたものです。

プッシュ・スルー・シャッフルはザローシャッフルより難易度が高いものの、表裏交互に混ざっていることをしっかりと示すことができるので、観客からの驚きも大きいものとなります。

是非マスターして演じてみてください。

関連記事