ワンコインルーティン①の種明かし・解説|両手は空!宙から現れるコイン

コインマジック

概要

ワンコインルーティン①
難易度★★☆☆☆
汎用性★★★★☆
インパクト★★★★☆

現象
マジシャンは一枚のコインを握り込みますが、息を吹きかけると消えてしまいます。
両手を同時に広げてあらためますが、どう見ても空です。
右手で空中から見えないコインをつまんで宙に投げ上げ、キャッチすると同時にコインが見えるようになって出現します。

 


実演

コイン一枚さえあればいつでも演じられる便利なマジックです。
両手を同時にあらためることができるので非常にクリーンで、疑いの余地がありません。

最低限クラシックパームさえできれば演じることのできる簡単なマジックですが、コインを出現させる際にはミスディレクションを上手く行う必要があります。
観客の意識を誘導する感覚をこのマジックでつけておくとよいでしょう。

 


マジック解説

演技

1枚のコインを指先に置き、相手に見せます。

トスバニッシュをして左手にコインを握りこんだふりをします。

実際にはコインは右手にクラシックパームされています。

テクニック

 

握った左手を返して甲を上に向け、同時に右手を左手の手首の上辺りに持ってきます。

右手はクラシックパームしている力を緩め、左手の手首の上にコインを置いてしまいます。

手首を少し持ち上げることによってコインが手の陰になり相手から見えなくなります。

コインを置いたら右手は左手を撫でるようにして前側に回り込み、握りこぶしの中のコインを抜き取るような仕草をします。

この仕草により手首にコインを置く動きがカムフラージュされます。

右手も握って相手の方へ向け、息を吹きかけながら両方の手を開きます。

コインが忽然と消えてしまったように見えます。

右手の指先で空中にあるコインをつまみ取るような仕草をします。

つまみとったコインを投げ上げるようにし、同時に見えないコインを追うようにして空中に目をやります。

空中を見ている間に左手を素早く返し、手首に乗ったコインを手のひらの上でキャッチします。

目線を下げて手のひらへ移し、コインが出現したことを示します。

 

ワンコインルーティン①のコツ

角度に注意!

このマジックは手首にコインを隠す関係上、周りを囲まれたような状態では演じることができません。

何人か観客がいる場合でも正面から見てもらうように上手く誘導するようにしましょう。

また手を上に向けるので、立った状態で行ったほうが違和感なく見せることができます。

コインを置く時に手間取らない

パームしたコインを手首に置く際にあまり手間取ってしまうと怪しまれてしまいます。

あくまで右手は左手を撫でるような仕草の中でコインを置くようにしましょう。

流れるような動きもパフォーマンスの一部に見えほどに滑らかになるまで要練習です。

ミスディレクションとコインを出現させるタイミングがキモ

左手を返してコインを出現させる動きですが、凝視された状態ではコインがどこに隠されていたのかわかってしまいます。

そこで「コインを投げ上げ、空中に目をやる」ことでミスディレクションをかけ、観客も空中を見るように誘導しています。

左手に目線を落とすのと同時にコインをキャッチするのではなく、目線を落とす一瞬前、観客と一緒に空中を見ている間にコインをキャッチしておくようにすると良いでしょう。

 

まとめ

本記事ではワンコインバニッシュ①のやり方について解説しました。

両手を完全に空に見せられるルーティンとしては非常に簡単なので、初心者の方は是非練習してみてください。

コインを落とさないようにさえ注意すれば、簡単に習得できるはずです。

関連記事