オイル&ウォーターの種明かし・解説|水と油は分離します。

カードマジック&種明かし集

概要

オイル&ウォーター マジック概要
難易度★★★☆☆
汎用性★★★★★
インパクト★★★★☆

現象
水と油は比重が違うので混ぜてもすぐに分離してしまいます。
それをトランプで再現したマジックです。
表と裏交互に混ぜたトランプが指を鳴らすとすぐに分離してしまいます。
そこでトランプを振ると一瞬で元通りに交互に混ざります。

 


実演

難易度がそこまで高くなく、サクッとできる割にインパクトの強いマジックです。

特に一度目の分離現象が起きた後、2回目の現象が起きるまでの極端な時間の短さは他のOil and Waterにはあまりありません。

また、ストーリー性もあるのでつかみは非常に良いですね。

 

オイル&ウォーター自体様々なやり方がありますが、このオイル&ウォーターはシンプルで短時間で終わるので手軽で見ている側を退屈させません。

覚えておいて決して損はないマジックと言えるでしょう。

 


オイル&ウォーター解説

このマジックで使うテクニック

デックを裏向きで左手に持ち、表裏交互に重ねてテーブルの上に配っていきます。

デックの上から1枚ずつカードを右手に取り、裏、表、裏、表、裏と5枚まで配ります。

5枚まで数えた時点で一瞬手を止めて、表、裏と計7枚のカードを配ります。

一瞬手を止めることによりタイミングがずれて、観客は何枚カードを配っているかが把握しづらくなる効果があります。

デックをテーブルの脇に置き、テーブルの上の7枚のパケットを右手にビドルポジションで取ります。

パケットのトップカードから1枚ずつ左手に取り、裏表になっていることを観客に示していきます。

トップカードに左手の親指を当てて左にずらして取りながら、「裏」と言って数えます。

左手に取ったカードを右手にパケットのボトムに回し、同時に次の表向きのカードを左手に取って「表」と言います。

1枚目同様に2枚目のカードもボトムに回すような動きをしますが実際には左手に持ったままで、3枚目のカードは2枚目のカードの上に重ねて取って「裏」と言います。

左手に取った2枚のカードを重ねたまま右手のパケットの一番下に回します。

続いて4枚目、5枚目、6枚目のカードは1枚ずつ左手に取りながらボトムに回していき、6枚目の表向きのカードをボトムに回し終えた時点で動きを止めます。

この動きが終了した時点で実際にはある程度表裏が分かれた状態になっています。

パケットを左手にディーリングポジションで持ち、おまじないをかける仕草をします。

トップカードを左親指で押し出して右手にビドルポジションで取り、テーブルの上に置きます。

2枚目のカードも右手に取って1枚目のカードの上に重ねて置きますが、テーブルの上のカードに対して半分ほど左にずらした状態で重ねるようにします。

3枚目、4枚目のカードも1枚ずつ右手に取り、半分ほど左にずれているカードの上に重ねて配っていきます。

5枚目のカードの下には裏向きのカードが1枚紛れているため、次は2枚重ねたまま右手に取ります。

左手の中指の腹をボトムカードに当てたまま左に引くとボトムカードのみを左にずらすことができます。

<裏からの視点>

この状態で右側にずれた状態で重なっている2枚のカードを右手に取り、左側にずれたテーブルの上のカードに重ねて置きます。

置く際に2枚のカードがずれないように注意しましょう。

最後に残った表向きのカードも右手に取り、テーブルの上の左右にずれたカードの真ん中あたりに置きます。

テーブルの上のカードに右手をかけて引き寄せて取り上げますが、このときに右側にずれたボトムカードの右上コーナー付近に右手の小指が来るようにしてください。

右手をかけたままパケットを左手のディーリングポジションに持ち、ずれたカードを揃えますが、このとき右手小指で右側にずれているボトムカードの右上コーナーを少し曲げて手の中に入れ一瞬パームするような形にします。

テクニック

そのまま右手はトップカードとボトムカードをホールドしたまま一瞬右側に動かしてから戻してカードを揃える事により、パームしたボトムカードをトップから2枚目に移動させます。

<裏からの視点>

この動きが終わったときパケットは写真のような状態になっています。

パケットを横に振るような仕草をしておまじないをかけます。

左手の親指で1枚ずつトップカードをずらして右手に扇状に取っていき、表裏交互に戻っていることを示します。

最後の2枚のみずらさず重ねたまま1枚のように見せ、3枚ずつ左右の手に広げて持ちます。

両手を返して裏面も観客に見せ、マジックは終了です。

 

オイル&ウォーターのポイント

観客にカードの枚数を把握させないこと

このマジックは最初は7枚のカードを表裏交互に配っているにもかかわらず、それ以降6枚のカードしか見せていません。

マジックを通して決して「1枚、2枚、3枚、、、」と数えていくことはせず「表、裏、表、、、」と声に出して数えていくようにしてください。

あくまで枚数ではなく、表裏交互であることを強調するのがこのマジックを成功させるポイントです。

ストーリー性を持たせる

「水と油は交互にしてもすぐに分離します。これをカードを使って実証してみましょう」と言ってマジックを始めると観客を一気に引きつけることができます。

一見少し地味なこのマジックも裏向きのカードを水、表向きのカードを油、とするなどして話しながら演じることで一気におもしろさが増します。

またストーリーに注目させることによりカードの枚数を把握されにくくなるというメリットもあります。

オイル&ウォーターに関しては特に、黙って演じることはせずにストーリーを組み立ててから演じてみることをおすすめします。

表裏が分離したカードはラフに置いていく

表裏が分離したカードを置く際は「半分ほど左側に」などの細かい制限がありますが、きっちり半分ずらしてキレイに置く必要はありません。

むしろ全てのカードをラフに少し散らして置いていくほうがカードがずれていることが不自然に見えません。

少し上の方からテーブルの上にカードを落とすようにしながらテンポよく数えていくと違和感を軽減して自然に見せることができます。

 

まとめ

本記事ではオイル&ウォーターのやり方について解説しました。

誰でもわかる簡潔かつ面白いストーリーがあるマジックなので、マジック自体にはあまり興味がないという方に対しても効果的です。

それほど難しいマジックでもないので初心者の方にもおすすめできます。

非常に重宝するマジックなので是非練習してみてください。

関連記事