インポッシブルピックアップの種明かし・解説|4人同時に行うカード当て

カードマジック&種明かし集

概要

インポッシブルピックアップ マジック概要
難易度★☆☆☆☆
汎用性★★★★★
インパクト★★★☆☆

現象
4人の観客にデックを渡し、自由に4つの山に分けてもらい、それぞれ一番上のカードを覚えてもらいます。
全てのカードをまとめた後でマジシャンは精神を集中し、4人のカードを次々と当ててしまいます

 


実演

難しいテクニックは何もいらない単純なカード当てですが、4人同時という点で観客目線での不可能性が一気に上がっています。

観客側には「4枚のカードを覚えておくだけでも大変なのに・・・」と思われますが、実際にはマジシャン側はほとんどカードを覚えておく必要はありません。

多人数が同時に参加できるマジックはそれほど多くありません。

一度覚えておけば忘れることは無いほどにタネは単純なので、ぜひ習得してみてください。

 


インポッシブルピックアップ解説

事前準備

あらかじめデックのトップから4枚のカードを覚えておきます。

覚えやすいよう同じカードを4枚トップに置いておくと良いでしょう。

本解説では4枚のエースをトップにセットしています。

演技

デックを裏向きにディーリングポジションに持ちます。

「今からトランプを渡すのでこのように自由にテーブルの上に配って4組の山に分けてください」

などと言いながらトップから4枚をバラバラにテーブルの上に配ります。

あらかじめ覚えておいた4枚のカードがテーブルの上に裏向きに配られることになります。

テーブルの上に置かれた4枚のカードの上にバラバラにカードを配っていきます。

必ずしも順番に配る必要はなく、ランダムに配っていてOKです。

何枚かカードを配ったら観客にデックを手渡し、同じようにして全てのカードを4組に配ってもらいます。

観客が配り終えたら4組のパケットそれぞれのトップカードを相手に見て、覚えてもらいます。

観客が4人以上いる場合は別々の方に覚えてもらったほうが良いでしょう。

本解説では4枚のカードを表に返していますが、実際は観客だけに見せてマジシャンは決して見ないようにします。

4組のパケットを重ねて1つにまとめます。

まとめたデックを1回カットします。

すなわち上半分をテーブルの上に置き、その上に残った下半分を乗せて重ねます。

「今から精神を集中させて選ばれた4枚のカードを当てていきます」

などと言い、デックを自分の方に向けて表向きに広げていきます。

このときあらかじめ覚えておいた4枚のカード(ここではエース)の右隣にあるカードが観客のカードです。

エースの右隣のカードを抜き出して裏向きでテーブルの上に置きます。

同様にして残り3枚のエースの右隣のカードも抜き出していきます。

4枚のカードを裏返して見せ、カードが当たっている事を示します。

 

インポッシブルピックアップのコツ

観客には完全にランダムにカードを選ばせたと思わせる

このマジックでは「完全にランダムにカードを選んだ」と観客に思ってもらうことが重要です。

観客にカードを配らせる際には「もっと適当に配ってしまって大丈夫ですよ」と声をかけたり、カードを選んだ後でも「本当にそのカードで大丈夫ですか?」などと声をかけてみてください。

このマジックでは2枚目や3枚目など別の場所からカードを覚えてもらっても、最終的に選んだカードが4つの山のトップに置かれていれば問題ありません。

観客にカードをカットさせてもOK

カードを1組にまとめた後1回カットをしますが、このカットは観客にやってもらっても大丈夫です。

「真ん中あたりからカードを持ち上げてテーブルの上に置いてください」と言い、「残りを重ねてしまってください」と続ければOKです。

注意点として、勝手にカードをシャッフルするような相手にはカードを渡してはいけません。

観客を観察し、勝手な事をしそうだと判断した場合には自分でカットする必要があります。

マジックを始める前にフォールスシャッフルを行うとよりクリーンに見える

このマジックではあらかじめトップカード4枚を覚えておく必要があります。

この4枚を崩さないようにフォールスシャッフル(混ぜているように見えて混ぜていないシャッフル)ができるのであれば、軽くシャッフルをしてからマジックを始めることで仕掛けがされていない事を強調することができます。

トップ4枚を崩さないようにして行うフォールスシャッフルとしては「一部を保つフォールス・リフルシャッフル」がおすすめです。

簡単なので余裕があれば是非練習してみてください。

あわせて読みたい

 

 

まとめ

本記事では非常に簡単で多人数に向けてできるカードあてマジック、「インポッシブルピックアップ」について解説しました。

マジックは観客にとってもただ見ているだけよりも参加したほうが楽しいのが事実。

 

本マジックは4人以上でも同時に参加させることができるので、観客が多人数の場合でも必ず楽しんでもらうことができます。

トップから5枚のカードを覚えておけば5人分、6枚のカードであれば6人分と人数が変わる場合でもある程度融通を効かせて演じることができます。

多人数参加型のマジックを一つ覚えて置くだけで非常に重宝すること間違いないですよ。

関連記事