【コインマジックテクニック解説】ワイプトクリーンのやり方・コツ

コインマジック

本記事ではパームしたコインを見せることなく両手をあらためることができるテクニック、ワイプトクリーンのやり方を解説しています。

パームした後の手が怪しまれて困る、コインを隠したまま両手を空のように見せる方法が知りたいと感じている方は必見です。

 

ワイプトクリーンを使うと、パームしたコインを密かにもう片方の手に移しつつ、両手が空であることを示すことができます。

動作も流れるようで美しいので、ルーティンの中に組み込みやすいのも特徴です。

 

多様は厳禁ですが、非常に使いやすいテクニックであることは確かです。

本記事ではワイプトクリーンのやり方、コツを画像つきでわかりやすく解説しているので参考にしながらマスターしてみてください。

あわせて読みたい

 


ワイプトクリーンとは

ワイプトクリーンとはパームしたコインを見せることなく、流れるような動きの中で右手、左手とあらためることのできるテクニックです。

「チェンジオーバー」と呼ばれることもありますが、基本的には同一のテクニックです。

実際の動きは下の動画で確認してみてください。

右手にパームしたコインを密かに左手に移し、左手、右手と完全に空の状態であらためているわけですが、流れるような動きの中でさりげなく行えば本当に両手が空のように見えます。

しかし本当に両手が空であることを示すのであれば両手同時に開くことが最もフェアであるため、あくまでさりげなく行うことが重要です。

 


ワイプトクリーンのやり方

トスバニッシュなどを行い、右手にコインがクラシックパームされている状態から始めます。

テクニック

 

開いた左手の上にクラシックパームしたままの右手をかざし、手前から奥になでるようにして手の上を滑らせます。

右手を少し手前に戻し、左手の上に来た瞬間クラシックパームしたコインを左手の上に落とします。

コインを落としたらそのままの流れで右手を返して手のひらを上に向けます。

右手を返す動きと一緒に左手も軽く握るような形にしながら手前に倒し、コインが見えないようにします。

左手のコインはクラシックパームまたはフィンガーパームの位置で保持します。

 

テクニック

 

左手は指を軽く曲げた状態で、親指が右手のひらの左下あたりに乗るようにします。

以上の動作を流れるような動きの中で行うことで、両手が空であることを示すことができます。

 


ワイプトクリーンのコツ

一連の動作はスムーズに

ワイプトクリーンはいかに自然に、スムーズに動作が行えるかが最も重要です。

コインを落とす瞬間、受け取る瞬間などに動きが止まることが無いように注意です。

特に意識しなくてもスムーズに行えるようになるまで鏡の前で練習しておきましょう。

多様は禁物、ルーティンの中で行う

ワイプトクリーンは使い勝手の良いテクニックですが、使いすぎは不自然に見えます

本当に手が空であることを示すのであれば両手を開けば十分なので、毎回ワイプトクリーンを行っていれば観客が「コインを隠しているのではないか?」と思うのは自然です。

手を撫でるような動きをしながら、さりげなく使っていくことが重要です。

手の中を空に見せるには他にも方法があるので、1つの技法に頼ることの無いようにしましょう。

 

まとめ

本記事ではワイプトクリーンのやり方について解説しました。

ワイプトクリーンはコインを持ったまま両手をあらためる方法として使い勝手がよく、パームしたコインの処理方法に困っている方には有効な解決手段となります。

使いすぎには気をつけつつ、要所要所で使っていけるようにしましょう。

関連記事