新聞紙の中で消えるコップの種明かし・解説|子供受け抜群!インパクト大の簡単マジック

日用品マジック

概要

新聞紙の中で消えるコップ マジック概要
難易度★★☆☆☆
汎用性★★★☆☆
インパクト★★☆☆☆

現象
マジシャンはガラスのコップと1枚の新聞紙を取り出して見せます。
コップをテーブルの上に伏せて起き、上から新聞紙を被せます。
次の瞬間、マジシャンは上から新聞紙を叩いてコップを潰してしまいます。
新聞紙を開けるとコップは跡形もなく消え去ってしまっています。

 


実演

仕掛けのないコップと新聞紙で演じることのできるマジックです。

現象がわかりやすくビジュアルですが難易度は低く、少し練習すれば誰でも演じることができます。

 

子供受けが非常に良いので、多くの子供が集まるちょっとしたパーティなどの機会に向いているマジックです。

幼稚園や保育園のイベントなどでマジックを演じる際にも活躍するので、是非練習してみてください。

 


マジック解説

準備

1枚の新聞紙と取っ手のないコップを用意します。

また、マジックはテーブルの上で行う必要があります。

 

演技

準備したコップと新聞紙を観客に手渡し、仕掛けがないことをよく調べてもらいます。

テーブルの上にコップを伏せて置きます。

上から新聞紙を被せてコップに沿って押さえ、型どって外側からでもシルエットがわかるようにします。

「まだコップはありますね」などと言いながら新聞紙越しに左手でコップを持ち上げて内側を観客に見せます。

この時右手でコップを指差すような仕草をしながら、人差し指と中指でコップの縁を挟んでおきます。

新聞紙とコップを再びテーブルの上に伏せますが、新聞紙を下げてコップが観客の目線から外れた瞬間に右手の指先ではさんだコップを手前に引きコップを抜き取ります。

新聞紙にはしっかりと型がついているので、コップはまだ中央にあるように見えます。

コップを指先で持って新聞紙の下に隠したまま、右手で新聞紙の手前側を掴みます。

「テーブルにコップを叩きつけるとコンコンと音がします」

などと言いながら、左手を軽く上下に揺らしてコップをテーブルに打ち付ける動作をし、それに合わせて右手に持ったコップをテーブルに打ち付けて音を立てます。

この動作によりまだ中央にコップがあることを強調することができます。

「よく見ていてください」などと言って新聞紙を少しだけ手前に引き、その瞬間右手に持ったコップをテーブルの下に落としてしまいます。

落としたコップは膝の上でキャッチします。

右手を新聞紙の上に持ってきて1.2…と数え、3で上から叩いてコップの型を潰してしまいます。

新聞紙を上げ、コップが完全に消失してしまっていることを示してマジックは終了です。

 

消えるコップマジックのポイント

音を立てずにしっかりコップをキャッチする準備を!

コップを膝の上に落とす際に、しっかりキャッチできずに床に落ちてしまうとマジックは台無しです。

体を微動だにすることなくコップをキャッチできるよう事前の準備が必要です。

椅子に座って行う場合は膝の上に大きめのナプキンなどを敷いておくと膝の間から落ちる心配がありません。

また、床に座って行う場合は落とす場所にあらかじめクッションとなるものを置いておき、音がならないように工夫しておきましょう。

「消失現象」ではなく「貫通現象」として見せることも

現象自体は「消失」ですが、見せ方次第で「貫通」とすることもできます。

手で型を潰す動作にあわせて膝の上でキャッチしたコップを床に落とせば目の前でコップがテーブルを貫通したように見えます。

膝の上のコップの処理に困ることもないため、コップを落とすことが可能な状況であればおすすめの方法です。

ガラスのコップの場合は割れる危険性があるので控えるのはもちろん、コップを落とす事自体マナー的にNGの場面も多くあるので時と場合によって演じられるかどうかは見極める必要があります。

コップを抜き取る際の無駄な動きを最小限に

コップを抜き取る仕草が見えてしまうのはNGですが、右手の動きが不自然になってしまうのもいけません。

どの程度新聞紙を下げた時にコップを抜き取るかは多少の練習が必要です。

相手から見えていないかの確認のためにも鏡を見ながらの練習は必ず行うようにしてください。

 

まとめ

本記事では消えるコップマジックのやり方について解説しました。

新聞紙とコップというどこにでもあるものを使って、準備無しで演じることができる優秀なマジックです。

子供でも簡単にできるので、ホームパーティなどで重宝するのでは無いでしょうか。

パーティなどでちょっとしたマジックを演じる機会がある方はぜひ演じてみてください。

関連記事