勝手に折りたたまれるお札マジックの種明かし・解説|手のひらで起こるビジュアルな珍現象

日用品マジック

現象

勝手に折りたたまれるお札 マジック概要
難易度★★☆☆☆
汎用性★★★☆☆
インパクト★★★★☆

現象
マジシャンは千円札を取り出し、仕掛けがない事を観客に見せます。
千円札を広げて手のひらに乗せ、おまじないをかけると千円札はひとりでに折りたたまれていきます!
お札は半分、4つ折りと勝手に畳まれていき、最後には小さな八つ折りサイズになってしまいます。

 


実演

事前準備はやや大変ですが、その準備に見合うだけの強烈な現象を起こすことができるマジックです。

「幽霊を呼び出します」と言ったりストーリーに絡めることでより面白くなるマジックなので、積極的にルーティンに含めてみてはいかがでしょうか。

演じる場所の光の当たり加減や着る服に気を使う必要こそありますが、適度な距離感で演じるテーブルマジックには最適です。

上手く演じれば観客が度肝を抜かれることは間違いありません。

 


マジック解説

準備

千円札とインビジブルスレッド(見えない糸)を用意します。

千円札を表向きにした状態で右から左に折り、半分にします。

さらに上から下へ半分に折り曲げます。

最後に左から右へ折り曲げ、8分の1サイズにします。

きりや画鋲、安全ピンなどの尖ったものを折った紙幣の中心部に当てて圧力をかけ、痕をつけます。

紙幣を広げ、痕のついている8箇所(正方形の折り目の中心)に針で小さな穴を空けます。

穴のサイズはインビジブルスレッドが通れば良いので、至近距離で目を凝らさないと見えないような大きさでOKです。

インビジブルスレッドを60~80センチ程度に取ります。

写真の順番で紙幣に空けた穴にインビジブルスレッドを通します。

糸の片端はマジシャンズワックスなどを用いて紙幣にくっつけて固定しておきます。

マジシャンズワックスがなければ木工用ボンドなどで代用可能です。

長く伸びている糸のもう片端はクリップなどにくっつけて固定し、ズボンのポケットやベルトなどに挟んでおきます。

糸を見失ったり絡んだりしないよう注意してください。

 

演技

インビジブルスレッド(見えない糸)とは言え光の具合や背景によっては一瞬光って見えてしまうこともありえます。

演技は明るい光が当たらない場所で行い、暗めの服装で演技するようにしてください。

あらかじめ仕掛けをした千円札を取り出し、表裏を観客に見せます。

右手を広げ、紙幣を広げた状態で乗せます。

このとき紙幣から伸びる糸が右手の中指と薬指の間を通って腰につけたクリップへ伸びるようにしてください。

右手の下に左手を持ってきて、親指に糸を引っ掛けて左側へ引きます。

これは左手でおまじないをかけるような動作をしながら行います。

すると親指に糸が引っ張られ、紙幣が半分に曲がっていきます。

左手に糸を引っ掛けたままさらに引いていくと、紙幣は更に半分に折れ曲がります。

左手を更に下に下げ、糸を引っ張っていくと紙幣は最終的に8分の1サイズにたたまれてしまいます。

たたまれているお札を左手で取り観客に示してマジックは終了です。

 

勝手に折りたたまれるお札マジックのポイント

演技する際の環境に細心の注意を払う

このマジックでは糸が見えてしまわないことが最重要事項なので、演技環境には細心の注意を払いましょう。

黒っぽい服を背景として演じることはもちろんですが、光がある場合は光を背にして演じることも意識しましょう。

光を背にすることで影ができ、糸がフラッシュしづらくなります。

また観客との距離もテーブル一個程度は空けた状態で演じるのがベストです。

左手だけでなく体全体を使って糸を引く

左手は「糸を引いている」のではなく「おまじないをかけている」ようでなければなりません。

左手の動きが大きくなるとその分違和感は増すので、同時に腰を少し引いたり右手を前に出すなどして体全体で糸を引くようにしましょう。

全身を少しずつ使うことで左手の動きを最小限に留めることができます。

折りたたみ方にはメリハリをつけるべし

糸を引く速度が一定だと紙幣はスムーズに折り畳まれてしまい、不思議な雰囲気が薄れます。

まず半分に、さらに半分に、、、と一旦折った後には一呼吸置いて再度念力をかけている仕草をするなどしてメリハリを付けるようにしましょう。

糸を引く速度に緩急をつけることでまるで紙幣が生きているように見え、より不思議に見えるでしょう。

 

まとめ

本記事では勝手に折り畳まれるお札マジックのやり方について解説しました。

準備は大変ですが、一度セッティングしてしまえば財布に入れておいていつでも演じることができるマジックです。

見えない糸やマジシャンズワックスは必要ですが、どちらも多くのマジックで使える必需品です。

持っていない方は是非用意して演じてみてください。

関連記事