コイン・マトリックスの種明かし・解説|コイン4枚の瞬間移動

コインマジック

概要

コイン・マトリックス マジック概要
難易度★★★☆☆
汎用性★★★☆☆
インパクト★★★★☆

現象
マジシャンは4枚のコインをテーブルの上の4隅に置きます。
それぞれのコインの上にトランプを1枚ずつ被せておまじないをかけると、1枚、1枚と見えない移動をしていきます。
最後には4枚全てのコインが一箇所に集まってしまいます!

 


実演

4枚のコインとカードがあればどこでも演じることができるマジックで、名刺などでも問題なく演じることができます。

注意すべきはクロースアップマットが必要な点で、つるつるしたテーブルの上では演じにくいでしょう。

 

演じた後は観客から必ずと言ってよいほど「もう一回やって!」と言われます。

2回目に演じる際はコインとコインの間に観客によって手で壁を作ってもらうと「指で弾いている」という予想を裏切ることができるため更に不思議に感じられます。

とはいえあまり何度も繰り返すのは考えもの。

演じる回数はリクエストされても合計2回程度に留めておくとよいでしょう。

 


マジック解説

準備

トランプ4枚とコインを4枚用意します。

テーブルがマットのような柔らかい素材であればそのままでも演技は可能ですが、つるつるしているとマジックはできません。

できればクロースアップマットの上で演じるようにしましょう。

演技

カード4枚は左手に持ち、クロースアップマットの4隅に1枚ずつコインを置きます。

カード4枚を重ねたまま右手に持ちますが、このとき少し特殊な持ち方をします。

カードを横向きにし、両サイドを右手で包み込んで握るようにして持ちます。

下から見ると右手の親指と中指はカードのフェイスに深くかかっており、少し伸ばせば指同士がくっつくような状態です。

右手を左下のコインの上に持ってきて、トップカードを左手で引いて押さえます。

そのまま右手を右側に引き、トップカードを引き抜いてコインの上に被せます。

同様の動作で右下のコインにもカードを被せます。

続いて左上のコインにもカードを被せるべく右手を持ってきますが、右手に持ったカードの陰で右手の親指と中指を伸ばしてコインを掴んでしまいます。

他のコイン同様に左手はトップカードを押さえて右手を右側に引き、トップカードを置きます。

このとき観客はカードがコインの上に置かれたと思いますが、実際には右手に持ったカードの陰に隠されて保持されています。

最後に右上のコインにカードを被せますが、右手に持ったコインを置いてきてしまいます。

このときコイン同士がぶつかって音が出ないように注意が必要です。

以上の動作は観客から見れば4枚のコインの上にそれぞれカードを置いただけのように見えますが、実際にはコインが一枚移動しています。

右手で右上のカード、左手で右下のカードの下サイドをつまむように持ちます。

このとき右手の親指を少し深めにカードの下に差し込み、カードの下のコイン1枚を親指とカードの上に挟んでしまいます。

右手の中指でカード越しにコインを押し、押さえてやるとコインをつまみやすくなります。

一瞬カードをコインの上からどけ、1枚ずつコインがあることを観客に示します。

実際には右手のカードの下にはコインが1枚隠れています。

再びカードを被せてコインを隠しますがこのとき右手に持ったコインは離してマットの上に置き、今度は左手でカードの下のコインを掴みます。

両方のカードをどけ、コインが移動していることを観客に示します。

実際には左手に持ったカードの下にはコインが隠されています。

右手に持ったカードは脇に置きます。

左手はカードを持ったまま右上のコインの上に持っていき、両腕がクロスするような形で右手で左下のカードを掴みます。

一瞬カードをコインの上からどけ、それぞれコインがあることを観客に示します。

もう一度コインの上にカードを被せますが、このとき左手に持ったコインを離して右上のコインの上に加えます。

同時に右手で左下のコインをつまみ、カードの陰に隠し持ちます。

両手をどけ、コインが移動したことを観客に示します。

左手に持ったカードをテーブルの脇にどけます。

カードを持ったまま右手を右上のコインの上に被せ、同時に左手で左上のカードを掴みます。

左上にはすでにコインがないので、最後はコインを確認することはしません。

右手に隠し持っているコインを落として右上に加え、両手のカードをどかして見せます。

全てのコインが瞬間移動したことを観客に示してマジックは終了です。

 

コインマトリックスのコツ

テンポよく・素早く演じる

このマジックでは観客が「どうやってやっているのか?」と考え始める前に次々と移動させるスピード感が重要です。

特にコインをカードの下に隠し持つところでもたつくとトリックがバレてしまう可能性があるので要練習です。

練習の際は鏡だけでなく、録画して見てみることで観客から見えるスピード感が客観的に捉えられます。

スマホを使えば簡単に録画できるので是非試してみてください。

コインを隠してつまみ上げるコツ

このマジックの難しいところは「いかにスムーズにカードの下のコインをつまみ上げるか」という点です。

コツとしては親指をカードの下に深めに入れることや、中指でカード越しにコインを上から押さえることが挙げられます。

しかし最も手軽にこのマジックの上達を目指すのであれば「クロースアップマットの使用」が最適解です。

 

冒頭では「柔らかい素材の上であれば演じられる」とは述べましたが、演じやすさはクロースアップマットと比較すると雲泥の差です。

クロースアップマットはカードマジックにおいては必需品なのでまだ持っていない方はこの機会に揃えてしまうことをおすすめします。

2回目に演じる際は観客に仕切りを作ってもらうと効果的

このマジックでアンコールがかかった際は1回くらいであれば応えてあげても良いでしょう。

その際は是非観客に「次は仕切りを作ってみましょう」などと提案してみることをおすすめします。

つまり、4枚配置されたコインの真ん中に割り箸などの棒や観客の腕を置いてもらい、物理的な壁を作ります。

 

このマジックは「コインを弾いているのでは?」と予想する観客が多いので、仕切りを作っても瞬間移動することを示すと非常に反応がよくなります。

 

まとめ

本記事ではコインマトリックスのやり方について解説しました。

コインマジックとしてはかなり有名なので一度は目にしたことのある方も多いかもしれません。

有名ということはそれだけ演じられる機会が多く、ある程度受けることが確実な「完成されたマジック」ということです。

是非覚えて演じてみてください。

 

関連記事