【トランプマジックテクニック解説】チェンジのやり方

チェンジのやり方 テクニック

チェンジとは

チェンジとは読んで字の如く、密かにカードをチェンジしてしまうテクニックのこと全般を指しています。

マジックに置いてはチェンジ現象を起こすために様々なテクニックが使われますが、本記事では直接カードをチェンジするトップチェンジを始めとした技法のやり方について解説しています。

カードの変化現象自体は様々なテクニックを使って起こすことができるため、無理にトップチェンジを使う必要はなくマジックに活用されている場面はそれほど多くありません。

しかし覚えておくとマジックの幅が広がることは間違いないので、習得しておいても決して損はありません。

 

スポンサードリンク

チェンジのやり方

トップチェンジ

トップチェンジとはトップカードを別のカードにすり替えるテクニックとなります。

観客の注目を集めて行うものなど様々な種類のものが存在しますが、ここではミスディレクションを使って行うトップチェンジを解説していきます。

ミスディレクションの上手さがものを言うテクニックではありますが、習得しておくと意外にも使える機会の多いテクニックの一つです。

 

デックを左手にディーリングポジションに持ち、チェンジする前のカードのみ右手に持っています。

チェンジするカードの表面を観客に見せながら、その動作をミスディレクションに左手のデックのトップカードの下に小指でブレイクを作っておきます。

 

チェンジ1

 

右手のカードの右下コーナーを右手の親指、人差し指、中指で裏向きに持った状態で右手をデックに近づけていき、右手のカードをデックに重ねてしまいます。

 

チェンジ2 チェンジ3

 

この時右手の人差指と中指はカードの右下コーナーを持ったままで、ブレイクの中に入れてしまいます。

 

チェンジ4

 

つまり右手ではトップカードから2枚をまとめてつかんでいる状態となります。

 

チェンジ5

 

同時に左手の親指はトップカードをしっかり押さえた状態で、この間両手は終始リラックスした状態になっている必要があります。

 

チェンジ6

 

この状態でトップカードをしっかりと親指で押さえたまま左手を左斜め前に動かすと、右手にはトップから2枚目のカードだけが残ります。

 

チェンジ7 チェンジ8 チェンジ9

 

ただ左手を前に動かすのでは不自然すぎるので、左手を伸ばしてカードケースを取りに行くなどのミスディレクションとうまく組み合わせる必要があります。

右手のカードを表向きにするとカードが変化していることがわかります。

 

チェンジ10

 

メキシカンターンオーバー

メキシカンターンオーバーとはチェンジの一種で、テーブルの上にあるカードを別のカードに変えることが出来ます。

手に持ったカードでテーブルの上にあるカードをひっくり返すように見せかけて2つのカードを入れ替えつつひっくり返すテクニックです。

使用できる場面は少ないものの、知識の一つとして知っておくと利用できる場面があるかもしれません。

 

テーブルの上にはスペードのKが裏向きで置かれており、それを右手に持ったスペードのAでひっくり返すように見せかけて2枚のカードを入れ替えてしまいます。

 

チェンジ11 チェンジ12

 

入れ替えるカードの右側を親指、人差し指、中指で裏向きに持ち、テーブルを滑らせるようにしながら右側からテーブルの上のカードに近づけていきます。

 

チェンジ13

 

テーブルの上のカードの下から右手に持ったカードを滑り込ませ、すくい上げるような形にします。

 

チェンジ14

 

カードを滑り込ませていき、2枚のカードがほぼ重なった瞬間、右手の親指を伸ばしてテーブルの上にあったカードを右手に取ってしまいます。

 

チェンジ15 チェンジ16

 

そのまま右手は左側に動かしながら、中指を伸ばしてさっきまで持っていたカードをテーブルの上に表向きに返します。

 

チェンジ17 チェンジ18

 

スムーズに置くことによりあたかも右手に持っていたカードでテーブルの上のカードを表向きに返しただけのように見えます。

チェンジのポイント

トップチェンジは必ずミスディレクションと共に

本記事で紹介したトップチェンジは観客に凝視された状態を想定していないため、注目して見られれば容易に見抜かれてしまいます。

そのため必ず手元はリラックスし、何かを話して観客の注意をカードからあらかじめそらしておく必要があります。

その上で左手を前に動かす理由を作ることではじめてトップチェンジが可能となります。

くれぐれも単独でこの技法を使うことがないように注意してください。

 

メキシカンターンオーバーはルーティンの中に組み込んで使用するテクニック

メキシカンターンオーバーは巧妙な技法で、いかにも右手に持ったカードでひっくり返したように見えるテクニックです。

しかしどんなにうまく見せた所で、必ず観客の疑いは右手に残った1枚の裏向きのカードにいきます。

この疑いを回避することもできないので、メキシカンターンオーバー単独でマジックを演じることはおすすめしません。

観客の疑いが消えるくらい現象が立て続けに起こるマジックやルーティンの中に組み込むなどにとどめ、あくまでスパイス的な要素として利用することをおすすめします。

 

まとめ

本記事ではチェンジのやり方について解説しました。

今回紹介したチェンジの中でもメキシカンターンオーバーは実際のマジックで使われることは比較的少なく、初心者にはそれほどおすすめできません。

しかしチェンジには様々な種類があり、実際のマジックの中でも十分に使える便利なものもたくさんあります。

今後も当サイトではさまざまなチェンジについても紹介していくので、是非練習してみてください。

スポンサードリンク